人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
渋谷 Antibes

 さてさて、先日フレンチの渋谷Antibesへ。

 ユニマットが渋谷の明治通り沿いに建てたビルPICASSO347
 ピカソ347シリーズで有名な、連作版画からこの名がきている。
 晩年彼は、自分の想像の世界と女性への欲望、愛情を情熱的に描いた。
 このテーマに沿うように、ターゲットは渋谷で育った現在の大人。

 そして、この347の最上階にこのAntibesはある。
 ちょうどピカソが347シリーズに没頭していた頃、
 彼は南仏のコートダジュールに居た。
 その街の名前が「Antibes」。
 彼が愛したその土地の名前にちなんでつけられた店。
 テーマはエロ。
 店員もすっかりエロ系。(笑)

 ビルの正面玄関に着くと、1Fから3Fへと一気に上がるエスカレータがある。
 これにのり、3Fからエレベータへと乗り継ぐ。
 ショップ、飲食店、映画、フィットネスクラブと
 色んな店舗がこのビルはつまっている。
 最上階の12階へ。
 エレベータの扉が開くと、「いらっしゃいませ」の声。

 灯りは暗めに落としており、店員の洋服も皆、黒をベースにしている。
 支配人自らの案内。
 背がちょっと低く、めがねをかけ、短髪にヒゲ。
 口調がちょっとねばりっけがあり、どことなくイヤラシイ。(微笑)
 下から灯りが照らされるちょっとした廊下を渡り、
 右手にテーブル席が。

 全体的な灯りがより暗くなっており、
 スポットの灯りが各テーブルを照らしている。
 12月にオープンをし告知をしていないせいか、客に入りは少ない。
 そんなゆっくりとした雰囲気を楽しむことができる。
 乾杯はシャンパン。
 なぜかわからんが、やはりこんなところに来たときの乾杯はシャンパンでしょう。
 と自分で決めている。

 料理も想像以上に美味しく、新宿ビル達の夜景も綺麗に見える。
 残念ながらメニューを忘れてしまっため詳細はかけないが
 創造性があり味も品がよく美味しく堪能できました。 
 ワインも相応なモノを置いており、これまた美味しいですな。
 BARも併設しており、
 ここのソファーでゆっくりとくつろぎなら夜景を見て話をするのも良いでしょう。

 こういうところは時の流れがあっという間に過ぎていく。
 また時間のあるときに、イキタイですな。
[PR]

by lovelygken | 2005-01-12 17:10 | 社長的グルメ
<< 湯沢 一二三 組織2 >>