人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
苦境

 昨晩、私の父と晩飯をした。
 赤坂のちょっとした日本料理屋で、父は20年以上通っている。
 海部元総理なんかも、ご愛用のようなところです。
 ↑イメージしゃってください。

 ここでオヤジから、「苦境」について聞かされた。

 前の「一皮ムケル」でもお伝えしたように、
 人は苦境を乗り越えた方がより成長する。
 この苦境が深ければ深いほど、その後の伸びも高くなる。
 経営をしていく上で、2つの大きな苦境に出会うそうです。

 ・資金繰り
 ・人

 これは当たり前だと言えば、当たり前。
 会社の経営資源なのだから。(経営資源へ)
 
 物と情報は、人を大きく困らせることはない。
 しかしながら、お金と人は人を困らせる。
 会社をするにいたって、お金はないと絶対にできない。
 1円も使わないで会社経営をするというのは、ありえない。
 会社を登記する時点で、すでに費用は発生しているのだから。

 そんな肝心の大元が、なければ誰だって困る。
 「お金で悩むようになれば、経営者として一人前」という文句がある。
 確かに悩むことにより、次なる成長が期待できる。
 しかし、私はどちらかというと逆。
 「お金で悩むようであれば、社長業は勤まらない」が私の考え。
 
 社長は常に先々のことまで考えなくてはいけない。  
 お金で悩むということは、先まで考えて、予測できていなかったということである。
 会社をやっていれば、予測不能なことは起きて当たり前なのだが
 こと、お金に関しては私は違うと信じる。

 起業をする際、ただ始めていたのではダメ。
 資金繰りはどうするのか?
 仕入れはどうするのか?
 販売先はどうするのか?
 この基本を考えなくてはいけない。

 とにかく作ってまぇ~!という感覚の方ならそれはそれでイイ。
 私は石橋を叩く人なのだろうか?
 それぞれ、先が見えていないととても起業をする気にはなれない。
 とくにはじめの運転資金は非常に重要で、
 一気にドーン!と攻めたいときにカギって資金がなかったりするもの。
 それらを含め、先々を読んだ上で、準備をしなくてはいけない。

 次に会社が軌道に乗ってくると、突拍子もないイイ話が舞い込んでくる。
 これは必ずと言ってある。(本当かどうか別として)
 そして会社としてどうするかを判断するときに最も重要になるのが、資金。
 資金に余裕があれば出来るし、なければ出来ない。
 本当に良いものであれば、機会を逃すことになる。

 経営は土俵のど真ん中でやれ!
 端、とくに徳俵なんかでは絶対にやるな!

 これ、私の信念です。
 土俵のど真ん中にいれば、ゆとりができる。
 すれば、常にどんな状況にも耐えうる、変化できる。
 これが必ず強みへとなる。
 そんなことを言っている私ですが、
 自分個人のこととなると毎月ギリギリで生きています。(爆)

 最後に人。
 経営における人の苦境というのは、裏切り
 騙された。
 会社を経営している人からよく聞く台詞。
 あいつを信じていたのに、金を持ち逃げされた。

 ただ単に信じていてはダメ。
 社内のルールそして、雰囲気を作ることにより
 裏切るという行為を制御することはできる。
 100万円が札束のまま無造作に毎日机の上にあれば、
 ヨコシマな考えを持つ人が現れても仕方ない。
 しかし、きちんと金庫に入っていればそれ自体を考える人は少なくなる。
 そして、金庫の番号や鍵が遠い存在であればなお少なくなる。

 そんなことを言っている私ですが、思いっきり騙されました。(爆!)
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-26 16:33 | 社長的考え
<< オヤジ 赤提灯 >>