人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
二十四節季

 日本人なのに、知らないこと。
 気がつくと、沢山ある。
 日本に興味を持っている、外国の方より知らなかったりする。
 愛国心もなく、敬う心もなくなり、自分流がわがままだと気がつかないでいる。
 日本人としての、誇り。なんか、忘れたくないなぁ。

 ラストサムライ。
 はやりましたが、外国の方から日本本来の心を教わるだなんて
 どこか恥ずかしい。
 映画は良かったけどね。
 リバイバルブーム。
 どうせなら、日本の原点までリバイバルしても良いのに。
 と思う私。

 さてさて、こんなことを言い出した私。
 実は、二十四節季(ニジュウヨンセッキ)って、ことば知りませんでした。
 この年にして...(恥)
 知るキッカケになったのが、大寒やら立春。
 こういった言葉は知っている。

 そんな話しをしていたら、隣の61歳管理部が、その言葉を口から出してきた。

 大寒から立春の間が一番冷える。というのも、なぜか知っている。
 05年の立春は、明日。
 だから、こんなに天気が良いのに激寒!!なんですね!
 この一番の冷えが通り過ぎると、少し気温が上昇。
 すると、花粉の季節本番ですね。(泣)

 私は、季節を感じさせる人が好きデス。
 あっ、もう春なんですか?とか、
 えっ、もう冬?みたいなのが。
 そして、何よりも日本の四季を理解している人はなお好きデス。
 食べ物やら、風呂に入れるのはこれとか、これを飾りましょうとか...

 気がつくと、そんな日本の良さ?
 四季を感じさせる言葉、食べ物、物などの存在が消えつつあるのかと。
 昔はそれで、心のメリハリをつくっていたのだろう。

 ダラダラした生活。
 ダラダラした会社。
 ダラダラした人生。

 嫌ですね。
 もっと、シャキシャキっとせなアカン!と思った次第です。
 頑張りまひょ!
 
[PR]

by lovelygken | 2005-02-03 15:30 | 社長的考え
<< 数字 麻布十番 Astrance  >>