人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
直行直帰

 早速です。
 
 皆さん、営業の直行・直帰はどう思いますでしょうか?
 
 ありなしか。
 それとも条件付きでありなのか。

 私は、基本はなしと考えております。
 会社は組織です。
 皆のエネルギーが集まって、一つとなり、そして放出するもの。
 直行直帰というのは、実はこれが怖い。
 ましてや、創業期である場合においては。

 人は一人では、生きていけないのと一緒。
 ビジネスも、一人では生きていけない。
 そして、目に見えないものがある。
 それが、求心力。
 それが、一体感。

 たまにの直行直帰なら良いでしょう。
 しかし、今、営業マンKが言ってきているのは、
 火曜日から金曜日まで毎日直行直帰をしたいと。
 彼が”出来る営業マン”なら、まだ許したであろう。
 しかしながら、実績がない。

 そして、信用がなくなってしまっている。
 連絡・報告がないからだ。
 直行するのなら、会社始業時間である9時には電話して欲しい。
 直帰するのなら、会社終業時間である6時には電話して欲しい。
 これが全くない。

 するようにと、促しても。

 そして、前科がある。
 前科とは、遅刻が大変に多かったこと。
 始業時間にさえ間に合わない人が、いったい直行直帰という野放しをして
 本当に仕事ができるのか?

 そんな人には、直行直帰は私は認められない。

 そして、社用車を使う考えが彼にはない。
 自宅の車を使い、そのまま直行・直帰をする。
 普通の本社出社でも、黙って隠れて自家用車でくる始末。
 高校生のバイクじゃないんだからぁ...

 いかがでしょう。
 皆さんは、どういう考えをお持ちですか? 
[PR]

by lovelygken | 2005-02-17 17:58 | 社長的日々
<< 賛美歌 社長的日々へようこそ >>