人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
彼へメール。

 私の考えもまとまらなかったので、
 あらためてメールで自分が何を伝えたかったのかを送りました。
 その内容です。

 問題児さんへ(←もちろん本人には名前ですよ!)

 本日は、忙しいところ貴重な時間を頂いてありがとう。
 なんだか自分で何を言いたいのか、何をすれば良いのか
 正直ポイントがぼけておりました。
 一応、文字として残せば問題児さんのためにも、
 私のためにもなればと思い、メールをさせて頂きます。

 ただし、メールが全てではないので変に誤解をしないでください。
 これから書く内容に、疑問、質問があればもちろん遠慮なく言ってください。
 そして本日、話ししたことは一回の話しで両者が理解できるものとも思いません。
 私の勝手になりますが、問題児さんとの話しが必要だなと思ったら
 何回でも致します。

 二人が本当に理解できるまで。

 結局、私が言いたかったのは“人としての成長”の部分です。
 問題児さん、今、現状の自分で満足出来ていますか?
 そしてそれを、人や環境のセイにしていないで
 前向きに考えて、行動をしてますか?

 私は言いました。
 完全にバックアップをするので、安心してください。
 しかしながら問題児さんが何を必要としているのかは、
 きちんと私のところへ届かなければ意味がありません。
 言いたいことがあれば、素直な気持ちですぐに言ってきてください。
 すぐに対応します。

 あとは問題児さんが
 やる気を出して、
 やる気を継続して、
 やる気を表現するだけなんです。

 今まで培った営業、人生の経験が問題児さんにあります。
 それらを知らない人もたくさんいます。
 そして社会人経験を知らない人もいます。
 問題児さんにはそういった他の社員に対しても、
 教育をする立場にもなって欲しいのです。

 営業マンはサッカーで言えば、ポイントゲッターなのです。
 ポイントゲッターは、最前線で戦い、
 数字を勝ち取り、チーム全体のムードメーカーになるのです。
 問題児さんはやればできるし、ムードメーカーにもなれます。
 ただ単に数字を出す営業マンでなく、
 会社全体を本当の意味でひっぱれる営業マンになって欲しいのです。

 管理部と営業部は相反する部です。
 それを認識した上での、発言、考え、行動もしてください。
 そして管理部は決して、“人を管理する”ところではありません。
 “業務を管理する”ところであり
 その先は“人を引率する”ところだと私は認識しています。

 何かを感じたら、問題児さん素直に聞いてください。
 管理部のおじちゃまも喜んで答えてくれるはずです。
 この会社には年齢が関係ないことぐらい、わかるはずです。
 年齢が関係しているのであれば、
 そもそも私が社長という立場にいること自体がおかしいですから。

 卑屈、屁理屈をやめて、
 どうしたらこの会社が良い方向へと進んでいくのか。
 どうしたらもっとこの会社の“輪”が“和”となり“成長”できるのか。
 これらを考えていれば、素直さというものがよりわかると思います。
 自分も大切ですが、先にチームワークです。
 皆がハッピーになれば、間違いなく自分もハッピーになります。
 そして自分一人で勝ち取ったハッピーよりも、
 もっと大切なハッピーがおまけでついてきます。

 それを皆で、一緒に勝ち取りましょう。

 まだまだ私も勉強中です。
 次に送るメールは、私の少ない経験、少ない知識の中で感じたことです。
 ご参考にしてください。
 これまた“絶対”でないので、一つの参考、刺激になれればと思ってお送りします。

 ここで、以下の二つをお送りしています。
 → やる気
 → 社会人として心得
 社会人としての心得は、エキサイトの山村社長のを抜粋、活用させて頂きました。
[PR]

by lovelygken | 2005-04-04 21:56 | 社長的日々
<< 社長的風景へようこそ 問題児くん理解 >>