人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
変化2

 皆さん、おはようございます!
 いやぁ、こんな日でもすっかり汗だくなわたすぃ!
 暑いものは、暑い。
 
 さて、ひっさしぶりの「社長的考え」です。
 みてみたら、なんと1ヶ月ぶり!!
 このブログのメインなので、以後気をつけますぅ。(笑)

 さて、今回は変化その2ですな。
 以前にも「変化」について、このブログで書いております。
 今回は、それに付け加える、いや、会社についての変化。
 この会社に来てからの私の、経験も踏まえてです。
 特に会社を経営している人は、必読ですわ。








会社は、会社のために変化はして良いが
 “他の何か”のために変化をしてはならない。

 
 “他の何か”とは、いったい何か。
 基本的には、人の欲望だと思えばよい。
 例えば、、、

 会社設立前から、上場を目指す社長。
 上場をするための、審査基準は厳しい。(最近は、それ自体の不祥事もあるが...)
 そのために上場会社として相応しい内部体制を作る。
 内部体制を作るということは、管理部関係の人を雇うことになる。
 しかしながら、この部署は「コストセンター(費用がかかる部署)」

 決して「プロフィットセンター(利益を生む部署)」ではない。
 社長が上場したいという欲望。
 そもそも、なんで上場をしたいのか?
 自分の金銭的な欲望のため?
 名誉のため?

 会社のために、と考えてやるとこうなる。
 設立当初、コストセンターになって良い部署は一つ。
 経理。
 しかも、設立当初から社員として雇うことはまずない。
 会社が設立してからもっとも大事なこと。

 それは売上。
 とにかく、売上。
 何が何でも、売上。
 死ぬ気で、売上。
 全ては、それから。

 終身雇用、年功序列、高度経済成長。 → 独立
 これらがあったからこそ出来たこと。
 それは、天下り。
 
 定年まで雇う。
 何歳になったから、課長になる、部長になる、取締役になる...
 これらは、高度経済成長、つまり“急速な成長”という後押しがあったから出来た。
 どんな人が増えようが、その分だけ会社が成長していたから。
 しかし、今は違う。
 今の日本は、成長期ではないのは誰が見てもわかる。

 誰かのために、無理矢理部署を作る。
 誰かのために、無理矢理会社を作る。
 誰かのために、天下りのための受け皿を作る。
 これは、会社の意義に反しており、
 競争の原理から考えても間違いなく、いつからかいらなくなる

 会社の成長が止まり、人があまる。
 それは経営者の見る目がなかっただけ。
 経営責任と同時に、リストラが始まるのは当たり前。
 
 会社が変化する時。
 誠実に素直に物事を考える。
 そこに誰かの勝手な欲望が入ってないのか?
 会社がどのように、変化をするのか。 
 会社がどのように、変化をしたがっているのか。

 トップがこれらを見極めて、決断をする。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-12 09:42 | 社長的考え
<< 経営者的考え SIRROMET Restau... >>