人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
起業の動機

 「社長的考え」どす。

 会社を興したいんだけど、どうすれば良い?
 朝、起きたら携帯にメールが入っていた。
 友人からで、質問であった。

 私は質問で返した。

 会社そのものを今、設立したいの?
 これからその会社をやりたいと思っているの? 


 前者であれば、オレなんかに聞かないで本でも買えとでも言おうと思った。
 まぁ一度ぐらいは、自分で会社を登記するの良いでしょう。
 もしくは、完全に司法書士さんに任せればよい。
 20万円もあれば、任せっぱなしで会社が設立される。

 彼の答えは、後者であった。
 そこで、ちょっとしたメールのやりとりと、電話で話しをした。





 何をやりたいのか。
 これがはっきりとしていて、会社をスタートする人。
 これがはっきりしていないけど、会社をスタートする人。
 会社を設立する時、大きくわけるとこの2タイプ。

 後者で会社を設立する人はマレである。
 よほど社長になりたい!!会社をやりたい!!
 という強い意志がなければ、会社そのものが持続しない。
 なんせ、会社を設立してから何をやるのか決めるまでの期間、
 会社の金を食いつぶすわけですからね。

 資金が潤沢な人はまだ良いでしょう。
 サイバーエージェントの藤田社長はこの手ですが、
 当初は支えてくれる企業がいたから出来た。

 いずれにせよ、やらなくてはいけないことは一緒。
 でも、その前に。
 一つだけ、確認しなくてはいけないことがある。 
 それは、

 例え一人っきりになっても、最後までやりぬく気持ちはあるのか?

 これです。
 どんな状況でも、とにかく最後までやる。
 この“気持ち”“決意”が大切。
 特に失敗ばかりを考えて、恐れていたのでは何も始まりませんから。
 
 さて、やらなくてはいけないこと。
 それは、

 何をやりたいのかを見つける 

 彼は、なんも決まっていなかった。
 そして、とにかく先に会社を設立してしまうような、資金もなかった。
 だから、こう言った。

 とにかく、給与を貰いながら何をしたいのかみつけなさい。
 社長である私がこんなことを言うのは変だが、
 起業をしたいと思い始めた人の行動はトップからみると、輝いて見える。
 なんせ、経営者的考えを始めるわけですから。

 そして、給与を貰いながらできる事を探しなさい。

 ようは副業である。
 充分な資金がなく、何をやりたいのかはっきりしてない人はこれで試す。


 では、どうやって“何をやりたいのか?”を見つけるのか?
 
 情報をかき集める。
 何かをやりたい。
 そういう気持ちがあれば、情報をかき集める苦痛はない。
 むしろ、この時期が一番楽しいのかもしれない。

 情報をかき集めるというのは、
 自分の興味のあるものから集める。


 そこから関連して、他の分野へと広げる。
 自分の興味のあるものだけでも良いかもしれないが、
 経営をするには幅広い視野が必要となる。
 自分が興味を持っている業界は、他の業界と比べてどうだろう。

 参入しやすいのか?
 利益率は?(本当に儲かるのか?→数字へ)
 どのような体制でやっているのか?
 ...

 結構、比較すると面白いことが、ある。
 どうせ同じ苦労をするのであれば、儲けた方が良い。
 サービス業と独自の技術をもっているところが、
 利益率が高いということが分かる。

 また、これをきっかけに知らなかったことに興味を持ち、
 自分のやりたいことが見つかる可能性もある。

 だいたいこの業界でやりたいなぁと分かったら
 その業界でどのようなポジションにいたいのかを決める。


 どのようにして決めるのか。
 その業界でのギャップを見つけるのが良い。 →ギャップ

 例えば、今からハンバーガーチェーン店を出すとする。
 日本の競合をみる。
 幸いにして現代は、ネットですぐに出てくる。

 日本マクドナルド
 モスフードサービス
 ロッテリア
 ファーストキッチン
 フレッシュネスバーガー
 ウェンディーズ
 ベッカーズ
 ドムドムハンバーガー
 クアアイナ

 既に成熟産業のように思えるが、
 自分の発想によっては、まだまだ攻められる業界でもある。
 価格、美味しさ、材料、新鮮さ、メニュー、サービス...
 これらを表にして、各ハンバーガー店がどのポジションかを知る。
 すると、どこのポジションが空いているかが見えてくる。

 全く新しい角度が見つかる可能性がある。
 これが一番良いのだが、大抵はない。
 むしろ、このハンバーガー店はここを狙っているはずなのに、
 実際はずれていたり、やりきれいていない。
 だから、そこをやる。
 というケースもある。

 ハンバーガーの本場といえば、米国。
 米国がどのようになっているのかを調べて
 それを日本に持ってくるのも面白い。
 このように調べて、自分がどのようんしてやりたいのかがわかるようになると
 面白いことに自信が湧いてくる。→ 自信
 これで自分の目指すべきポジションも分かったら、あとはやるだけ。
 
 副業で、ハンバーガーなんか出来ないと思っているあなた。
 あくまで例です。
 副業で入りやすいのは、サービスと輸出輸入業。
 あとは自分で考えてください。
 あっ、違法行為と既存の働いている会社に 
 不利益を被らせるようなことはやめましょう。

 当たり前なのですが、
 特に後者をやってしまって訴えられるケースもあるのでご注意を。


 最後に、確認です。
 Mくん。
 あなたは決意しましたか?
[PR]

by lovelygken | 2005-07-15 10:23 | 社長的考え
<< グルメ クルージング sky >>