人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドタバタ劇

 皆さん、おはようございます。
 今、更新しないとまたおさぼりになりそうなので...

 「社長的日々です」


 「サラリーマンは、出来ない」

 大ジョッキの生ビールを握りしめながら、こう彼は言った。

 新会社へ行くとなっていた、義理兄。
 新会社にも、行かないと豪語。
 そしてわが社にも、残らないとも。
 彼は、彼でやはり人に使われる立場でなく、自分でやりたいと。

 その他色々と理由を述べていたが、
 結局は組織の中では自分は出来ないと判断したと。

 彼の頭の中で、構想している一人ビジネスを聞かされた。
 私の感想。
 それはあなたには難しいでしょう。

 サラリーマンができない人は、経営者としては成功しない。

 私は、こう断言する。
 「成功」には色んな意味があるので、人それぞれによって違いますが...
 雇われ側の気持ちが分からなければ、経営はうまくできない。
 経営者としての立場もよく理解しなければ、経営はうまくできない。
 それでも成功してしまっている人は、自分の周りの人に本当に感謝をしなければならない。

 どんなに良いビジネスモデルでも、
 どんなに良い商品でも、
 中心となる人物がダメであれば、宝の持ち腐れとなってしまう。
 
 私は言った。
 それでも一度はサラリーマンをやってみたら?と。
 彼は不機嫌な顔で、黙っていた。
 そこからは前向きな話はなく、彼はひたすら違う話題を話していた。

 私は今の会社を、さらに成功させる義務、責任が出てきた。
 あなたではなく、私だから成功したんですよ。
 こう言える日が来るために。
[PR]

by lovelygken | 2005-08-25 09:32 | 社長的日々
<< まいど! ご報告 >>