人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
現状報告

 皆さん、まいど!です!!
 元気にしてますか!?
 今、外はかなりのどしゃぶりぶりですわ。
 タクシーも拾うのが大変そうですわ。

 さて、現状報告させていただきますわ。

 9月1日より、事務所を田町より表参道へ。
 居心地は、最高ですわ。
 あのオッサン臭い町から出れて、幸せ。ぐふっ!(笑)
 冗談はさておき、やっぱり本社って社長の顔ですわ。
 
 社長が本社の場所を決めるから、当たり前なんですがね。
 だから、その本社の場所のイメージが自分が目指す企業イメージに合っているかどうか。
 これはちゃんと深く考えるべきデスね。
 って、社長的考えに脱線しているところで、戻ります。

 もう、かなりすっきりしました!
 目に止まるような、人は誰もいませんから。
 ここでわが社の人数構成を。

 現状、私も含め3名。
 あはっ!たったの3名ですわ。
 と言っても、中国子会社A社は、160名。
 中国子会社B社は、60名いるんですがね。

 昨年の2月、私はこの会社に社長として来ました。
 色々なことがありました。
 その中で悩んでいたのが、人件費と社員それぞれの考え方。
 だから、考えたんです。

 せっかくたくさんいる子会社の中国人。
 この中国人を使う方が良いんじゃないのかって。
 だから、十数人いた社員を切ったんです。

 私の考えと合わない人。
 私は熱意に答えてくれると、そう信じていた。
 しかしながら、人はそう簡単には変わりません。
 よっぽど、ショックがない限りわ。
 そういう意味では、私はまだ経営者としては失格だったのかも。

 だけど、そこでいつまでも足踏みをしたくなかったんです。
 早く、もっと早くもっと成功したいんですから。
 だから私のスピードに追いついて、これない人は置いていったんです。

 これだけを話すと、なんて社長だ!
 って思うかもしれないんで、自分でフォローしておきます。(苦笑)

 皆の再就職先は、全部用意しました。
 別会社を作る。
 名古屋の会社にあたってみる。
 わが社で芽が開きそうだった、ビジネスを渡す。

 一応は、食っていく活路は用意しました。
 それを壊すか、もっと歩きやすいようにするかは自分の勝手。
 そこから先は、面倒はみませんよ。

 さて、各登場人物について少し話を。

 義理兄=取締役副社長
 社員でもあった、イギリス人と一緒に、別のことを。
 イギリス人が持っていた会社で、とりあえず頑張ると。
 元の音楽業界、ネット事業、そしてハーブ関係をやることに。

 彼がいなくなって、いろんなことが見えるようになりました。
 一番は、「何が問題であったのか」ということ。
 報告、連絡、相談をしない彼。
 そして話をしてくれたとしても、肝心なことは話をしない彼。
 だから、何が問題になっているのかも見えなかった、私。

 それが直接見えるようになったおかげで、仕事がだいぶ早く進むようになりました。
 そして、私の得意とする営業そのものが自分でできるようになりました。
 あの営業に同行させてくれなかった理由はイッタイなんだったのか、未だわかりません。
 もうあんな人は、絶対に会社に入れません。

 組織
 組織2
 営業直結
 やるときはやる。
 営業同行
 取締役副社長(義理兄)
 自分が嫌になる時。 
 取締役副社長
 取締役副社長
 言葉
 やっぱりブログ!?
 社長の考え 
 変化を嫌う人々
 母。
 うーん。
 株主意見
 取締役副社長である義理兄
 ご報告

 

 問題児くん
 本当に変えたかった。
 良い方向に。
 でも、ダメでした。
 非常に残念で、無念です。

 彼は、新会社へうつることに。
 そして、社長の給与よりも自分の給与の方が安い理由がわからないと
 ほざいていた社員くんも。

 でもね。
 やっぱり、ウソを言う、サボる、言うことを聞かない。
 こんな人はいらないんですわ。
 現在、中国でもこんな問題児営業マンが登場。
 もう経験しちゃっている私は、クビにすることを決定。
 
 この中国問題児営業マンは、
 無断直行直帰をする。
 無断欠勤をする。
 会社にきても、日本語と英語の勉強をしている。
 売上はゼロ。
 弊社取引先の名刺を勝手につくり、自分がその統括者であるとウソをつく。
 もうこんな人は最低です。

 私の目と心はだいぶ、強くなったみたいです。

 顧問
 営業直結
 はぁ。
 話し合い。 
 経理規程
 嬉→怒
 問題児くん
 彼へメール
 問題児くん理解
 キブンヨシ
 バテバテ
 営業同行
 対応
 ご報告
 
 取締役のおじちゃまは、現在は非常勤の取締役。
 すっかり他人行儀になっており、ちょっと困ったときに質問をしたら
 「もう私は関係ないから」的な答えをぬかしやがった!!
 もう絶対に、頼りません。
 やっぱりおじちゃまは、自分を守るのに精一杯ですな。

 問題児くんのお父さんでもあり、わが社の顧問は新会社の社長をやります。
 これが、また問題なんですがね。
 これは、またの機会に。
 
 昨年のクリスマスイヴに働いてくれた、社員さん二人。
 一人は、名古屋に帰りました。
 一人は、現在も一緒に働いています。

 登場人物は、こんなもんだったかしらん?
 
 そんなこんなで、今の会社でバリバリ、モリモリと頑張りますよ!! 
 これからも、応援をよろしくです!!!


 ほな、帰ります。

 
[PR]

by lovelygken | 2005-10-08 01:59 | 社長的日々
<< 帰り 最高の守備は... >>