人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
売上第一

 ちぃ~っす。
 皆さん、お疲れ様です。
 腹減ったぁ。

 さて、「社長的考え」です。

 経営するに至って、よく
 「自分とは考え方が違う人をパートナーにした方が良い」
 というような言葉がある。
 この言葉は、間違いではない。

 経営はより多くの選択肢があればあるほど、
 有利に事を進めることが出来るので。

 例えば、私がじゃぁこの方法で行くか!!
 と言った時に、
 「社長、待ってください。この方法の方がもっと良いはずです!」
 みたいな感じで一つの方向でなく、
 他の方向からも意見が言える人が大切。

 こういった人は、クレーム時等々に力を発揮する。
 また、自分とは違った方向から意見を言ってくれるので、
 それをふまえて、決断もできるので万が一の時も考えることができる。
 しかしながら、同じ逆思考型の人でもネガティブくんはダメ。

 逆思考でネガティブくんだと、せっかくの勢いも消えてしう。
 特に、ベンチャー、創業期においてはこのような人は足手まといになる。

 例えば、私が、
 「ヨッシャー!!これから、ガンガンに営業攻めで客を取ってくるでぇ~!!」
 と言った時にこんな感じに言ってくるのは考えもの。

 「社長、待ってください!客が増えたらクレームが増えます!困ります!」
 「社長、待ってください!体制が整ってから行きましょう!引き受けできません!」
 「社長、待ってください!...」

 確かに言いたいことは、よくわかる。
 しかしながら、売上があってナンボ。
 クレーム対応するために、会社を経営しているわけじゃない。
 体制整える前に、仕事を取られたり、
 資金的にダメになったらどうしようもない。

 売上が最優先。
 売上が出れば、どうにでもなってしまう。
 不思議と。

 アマゾンドットコムの話は、証券界では有名。
 今でこそ、アマゾンドットコムは有名。
 しかしながら、ちょっと前までは違った意味で有名だった。
 それは、ネット企業=赤字企業の代名詞だったからだ。
 ネットバブルがはじけて、株価が大暴落。

 そこから1年以上経っても、アマゾンは方針を変えなかった。
 しかしながら、各アナリスト達は批判していた。
 「いい加減に売上拡大路線を止めて、利益重視になるべきだ」と。
 アマゾンは、売上最優先。
 売上シェアを拡大するために、設備投資も毎年かなりの額をつぎ込んだ。

 それからさらに1年後。
 アマゾンは、ついに黒字へと転換した。
 その瞬間、各アナリストは言った。
 「やっぱりアマゾンの方針は間違っていなかった。分かっていた」と。

 私の父の言葉強烈な言葉がある。
 「資金が無限大にあれば、どんなビジネスも絶対にうまく行く」

 確かに...(苦笑)
 しかしながら、それが根本なんです。
 売上。
 売上があれば、どうにかなる。
 
 実際の経営側になってみないと、普通のサラリーマン、OLさんは理解しづらいが、
 売上が全てを変えてくれる。
 
 ダイエーのオーナーも言っていた。
 「売上が、全てを癒してくれる」と。

 恐れてはダメ。
 売上を出せば、必然と違った方向性が見えてくる。 
 理論より、実践。
 とにかく、やれなのだ。


 そんなわが社は、先月は過去最高の月間売上を記録。
 ワシの号令にいい感じに共鳴してくれたのは、誰だ!?

 
[PR]

by lovelygken | 2005-11-14 18:46 | 社長的考え
<< ちかれたぁ~ 表参道 LAGUNAVEIL >>