人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
現地人退職

 皆さん、お疲れ様です!!
 かなり、極寒!!!
 この3連休スキーに行く予定が、降りすぎで中止。
 で、ところ変わって、宮崎へ!!
 
 うーん。

 でも、天気をみたら
 -3℃~9℃!!!
 東京より、寒くねぇ?(笑)

 さて、中国現地にてUくんビジネスにヒズミが...
 まず日本語が多少話せて、頑張っていた営業ウーマンが今月末で退職。
 現在、日本人で中国語が話せるAくんが検討中。
 Uくんは、日本にて社内の戦略作成を私と一緒に。

 現在、Uくんビジネスは他社さんの事務所を間借りしているようなもの。
 まだまだ、利益が出ていないのでね。
 そこで、一つ問題が起きている。
 問題になっているのは、
 現地のルールに従うのか、わが社のルールを突き通すのか。
 ということ。

 さてさて、どいいうことかと言うと...
 Aくんが遅刻をした際に、罰金を支払えと言われたのです。
 わが社採用なので、Aくんは断固拒否。

 事前に言われていなかったこともあります。

 私も実際、この罰金制度は軽視していました。
 日本人にしたら、数十円の話なので。
 過去にも何人か社員が遅刻をして、罰金を払っていましたし。
 ところがこのAくんは、こういうのが嫌いなんでしょうね。
 すぐに、私と現地間借り事務所のトップに話をしたのです。

 本日、中国の総括G氏と電話で話をしました。
 G氏としては、一人が現地ルールから特別扱いされてしまうと
 中国人の足並みが乱れてしまうので、守って欲しいとのこと。
 それが一番の理由だと。

 私は罰金を取るのであれば、残業代も払ってくれるのですか?
 と聞いた。
 G氏は、それは別の問題ですよと言う。
 そこで、私はハッと思いました。

 そもそも、遅刻するヤツがいけないと。
 自分が遅刻をしているのに、あーだこーだと言う資格なんてないと。
 彼も別の関係ない会社にお金を払うのが嫌だと言っていたので、
 わが社に払ってもらうことにしました。

 さて、これで丸くおさまるのか?
 やっぱり、Aくんはトラブルメーカーなのか!?(笑)


 皆さんだったら、どうしますか?
 やっぱり、現地ルールをとる?
 それとも、日本ルールをとる?


 
[PR]

by lovelygken | 2006-01-06 20:59 | 社長的日々
<< 日帰り出張 今年の目標 >>