人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
経営者として必要なモノ

 皆さん、お疲れ様です。
 ライブドアは、非常に残念なニュースです。
 まだ罪は確定されていないのですが、
 証券関係者に話を聞くともう逮捕は確定している上での捜査だという。
 また同会社経営、そして同世代として怒りも覚えます。

 過去の私のブログ では、買収関係で新聞としてとりあげました。

 元証券マンの私からすると、基本的なことができていなかった。
 証券取引法。
 これ、意外と経営者も税理士も、弁護士も知らなかったりするんです。
 でも、知らなかったではすまされないし、それを知った上の行為であれば
 人として最低なことを彼はやっていたのかもしれない。

 私の友人の会社社長は、堀江社長をほめていた。
 度肝を抜く、株式分割。
 短期間での、会社買収劇。
 より個人投資家を、株式に興味を持たせたことは素晴らしいと。

 しかし、私は反対であった。
 教育、知識なしでの投資家ほど、怖いものはない。
 今回の狼狽売りによる、東証システムストップがまさに良い実例。
 また前回の株主総会でもあったように、株主が平気で社長の辞任を要求する。
 私からすると、だったら、この会社の株を買うな!といいたくなる。

 今回このような事態になり株主代表訴訟をしようにも、
 株主数が多すぎてなかなかまとまらない。
 などなど、色々なことを考えるとメリットよりもデメリットが多いのだと思う。

 
 株式は本来は、“投資”をするもの。 → 
 “投機”ではない。

 ゆえに、何故、自分はこの会社の株を買うのか?

 ということを考えなければならない。
 例えば、私が上場会社の社長だったら、
 1単位300万円以上ぐらいからしか買えないにしてしまう。
 (証券取引所としては、1単位100万円以下になるよう経営者に推奨している)
 一回で300万円も出す株であれば、皆、真剣に考えるでしょ?
 
 この社長で、この会社はやっていけるのか?
 会社のビジネスモデルは、良いのか?
 今後はどのように、会社を成長していきたいのか?
 ・・・
 たくさんのことを知りたがるはず。

 そうすると、必然的に優良な株主が集まる。
 今回のような事件が回りでおきたとしても、
 一緒になって狼狽売りをする投資家は少ない。
 (もちろん事件の本人になってしまったら、意味はないが...)

 株主総会ももっと有意義なものになる。
 本当に真剣に考えた上での、社長辞退を要求するのであれば社長も本望なはず。
 まして結果も出していなかったら。
 
 昨年、Nくんにライブドアってどうなるんですか?
 と聞かれたときに、「消えるよ」と私は言った。
 「それは、倒産なのか買収されるのかはわからいけど。」と。

 最悪な虚偽報告。
 これをしていれば、ほぼ間違いなく上場廃止へとなるライブドア。
 結局、彼は株主のことは真剣に何も考えていなかった。
 
 経営者として、必要なこと。
 それは、売上、利益の確保。
 確かにそうかもしれない。
 しかしながら、過去の先人達はそう言うだろうか?
 
 歴史は言っている。
 経営者として必要なのは、「人格」であると。
 この一言に、沢山の意味。
 色んな意味が含まれている。

 私も、より良い経営者になるべく、
 このような悪い手本をきちんと目に、頭に焼き付けて、
 この瞬間から気を引き締めていく。




 あっ、本日、日経新聞のインタビューにライブドアについて答えちゃった。
[PR]

by lovelygken | 2006-01-18 18:18 | 社長的考え
<< 目標 はぁ。 >>