人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
決意

 当たり前なこと評価を書いたのだが、
 どうも何か、ピンこない。

 そこで、自分が何を述べたいのか、色々と考えてしまった。
 過去の自分のブログも参照。
 自分に負ける人々
 やる気
 自身
 起業の動機

 なんだか、過去のブログを読むと昔の私の方がしっかりしている気がする。(笑)
 んで、考えた末に題名を「決意」にしました。
 いらっしゃいませ。 「社長的考え」です。

 Uくんに、何をやきもきしていたのか。
 それは、「決意」だったのです。

 私: 06年12月までに、あなたの事業が月次黒字になるように計画をしなさい。
 彼: はぃ。わかりました。でも、達成できるかわかりません。

 私: 3ヶ月連続で月次黒字を出したら、本当のビジネスになりますよ。
 彼: はぃ。でも、A商品であれば安定しますが、B商品だと不安定な売上ですよ。

 そんなん、どうでもいいねん!!
 あんたの気持ちを聞いているっちゅうの!!
 わかりまっか?

 こんな状況でいきなり黒字にしろっというのは、 
 ぶっちゃけかなり難しいことぐらいオレだって、G氏だってわかってますよ。 
 ようは、Uくんの気持ちを強くしたいんです。
 それが、決意をしているかどうかの違い。

 気持ちを固めて、それに向けて邁進する。
 そう決めたことからには、弱気な考え、言葉は発するな。


 今回、私が色々と経験したことは、実際には伝えても誰にもわからないこと。
 いや、厳密に言えば経験をしたことのない人には、言ってもわからない。
 逆に経験をしたことのある人は、「わかる、わかるぅ」と言ってくれること。


 その経験というのは、本当に気持ちが変わり、意識が変わり、
 決意が固まったということ。
 この決意が固まると、目標計画が本当に生きてくる。
 意味がなされてくる。

 本当に決意をしていると、妥協はできない。
 本当に決意をしていると、最後まで諦めない。

 これら二つがあればスケジュールの考えにもなるが、以下のようなこととなる。
 12月の売上目標が、2000万円。
 しかしながら、現状では絶対に達成できないと自分は感じる。
 決意がない場合、その人はこの時点で、この売上目標を下げようとする。
 なぜなら、出来ないんだからと言う。

 しかしながら、決意がある人はこう考える。
 どうやったら、売上目標2000万円を達成できるのか?って。

 商品がダメなのか。
 商品数が足りないのか。
 営業マンの人数が足りないのか。
 営業方法がダメなのか。
 狙っているターゲット層が間違っているのか。

 というように、妥協はしないからこそ考えが出てくること。
 最後まで諦めないからこそ、方法が頭に浮かんでくること。
 これらが、決意からあらわれてくるもの。

 また、これが社長の決意とものなると、もっと深いものとなる。
 絶対に社員の前では、愚痴を言わない。
 常に明るく、元気に振舞う。
 諦めの言葉、態度、行動はしない。
 ・・・

 これらは、将来に対する不安、
 恐れにも似ているがそれとはちょっと違う。 → 白黒

 私が大学2年の時、部活でダッシュ(40m)の練習をしていたときのこと。
 「おまえ、最後の最後で手を抜いてるんじゃねぇよ!」
 「最後まで走りぬけよ!」
 「40mじゃなくて、50m走る気持ちでやれよ!」

 2年の私にとっては、冗談かよと思ってしまうような言葉だった。
 40m走っているんだから、いいじゃん。って。
 その後、左足首骨折と3年にもなったことから、意識が変わった。
 もう時間がない。
 そして、何よりもここで埋まっていては、アカンって。

 いつも、猛ダッシュをしていた。
 文句も言わずに、ただひたすらとやっていた。
 辛いときもあった。
 だけど、そんな時はいつも遠い空をみていた。
 自分って、ちっぽけなんだなぁって、感じていた。

 決して、無理とか出来ないという言葉は発しなかった。

 その気持ちは、皆にも伝わった。
 無我夢中で、チームは真夏の炎天下でも、ただひたすら走った。

 そして、気がついたらチームで一番に早く走れるようになっていた。
 そして、気がついたら私も後輩に言っていた。
 「おまえ、最後の最後で手を抜いてるんじゃねぇよ!」
 「最後まで走りぬけよ!」
 「40mじゃなくて、50m走る気持ちでやれよ!」

 それは、大学4年生の夏だった。
 まだまだ卒業までに時間のある後輩を見て、いらだっていた。
 今のオレなら、もっと時間を有効的に使うと。
 最後の大会。
 もう大学で出来なくなるアメフト。

 知らないうちに、自分の中で決意をしていたのだ。

 無理はわかっている。
 でも、最後まで諦めないし、妥協はしないって。

 全力でやる。
 燃え尽きる。
 後悔しないようにやる。

 言葉はホンマ、軽い。
 でも、この言葉も本当に意識をもって、
 決意のある人がいうと重い言葉へとなる。


 私の言葉、まだ軽いんでしょうか?
 もっともっと、周りの人にも影響が出るぐらいの決意を持って、やります。
[PR]

by lovelygken | 2006-01-25 16:57
<< 決意その2 予測をした行動計画 >>