人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
社員と噛み合わない時 続編

 大好評!?の 社員と噛み合わない時 の続編ですわ。(笑)

 この日は、ちょっとした失敗をしました。
 それは、何かと言うとウルサイぐらいの事前連絡。
 私、いつもなら事前に言うんです。

 ○○日は、皆で食事だからねぇ。
 仕事が途中だろうがなんだろうが、定時に帰るぞ!
 それでもやりたいヤツは、 
 飲み終わってからするか、 朝一番に来てやりなさい!

 いつもは、こんな感じ。
 これを一ヶ月前、一週間前、三日前、前日、当日と言う。 
 ちゅうか、オレが一番楽しみなのか!?(苦笑)

 で、今回はちょっと私がいっぱい×2だったこともあり、
 根回しが不十分に。
 当日になってから気づく。
 はっ!?
 オレ自身が仕事終わるのか!?って。

 そんなこんなで、定時も過ぎ、ちょっと低~いテンションで「行くぞぉ」って言う私。
 でも、無反応な皆。
 これが3,4回ほど繰り返されました。
 嫌になった私。。。

 ここまでは、皆さんもご存知。

 この後は、一気にハイテンションにもっていきます!

 ぉぃぉぃ、おいおい!
 誰だ仕事終わってないのは!?
 今すぐに終わらないヤツは、アカン。
 そいつが本日、全部おごってください!

 これを言っても、なかなかPCから指を離さないヤツがいる。
 追随して、言います。

 今日、皆で食事をするってことはスケジュールにも入れていたでしょ!?
 計画的に動いてないヤツが悪い。
 そんなの小学生でもできるぞ。

 でも、食い下がるヤツがいる。
 
 社長、でも仕事が...

 だから、そんなのは後にしろ!
 って言ってるじゃん!
 早く行くぞ! ボケ!

 という感じに、やさ~しく伝えます。(笑)


 答えとしては、職権乱用気分で、オラオラ!ってやるしかありません。

 最近、論理的思考な人が増えています。
 いや、でも仕事があるのですぐに終われません。
 どうして行かなくては、行けないんですか?
 私は、飲めませんから。
 女性は、私だけですよ?

 そんなの関係ありません。
 来いって言っているんだから、来なさい。
 これの一言で、終わりです。
 以上!って感じです。

 これを言葉の暴力だの、セクハラだのなんだの言う人がいます。
 しかしながら、そんな問題ではないのです。
 世の中には、論理だけでは説明できないものがたくさんあります。
 やりすぎ、いきすぎはよくありません。
 論理だらけの人は、バランスが悪い。

 そうではなくて、たまにはもっと感覚でモノを言うのも良い。
 そして、たまにはハメをはずすのも良い。
 そんな論理だらけになるから、
 人は心の病がはじまり、いじめそして自殺が増える。

 論理だらけになってしまったこの世の中。
 株式相場でもそうだが、行過ぎの時は調整がはいる。
 上がりすぎている時は、売られる。
 売られすぎている時は、買われる。

 ファッションでもそうだ。
 安さに行き過ぎていると、高級思考が増える。
 高級すぎていると、安さを求める人が増える。
 白黒がブームだと、色使いが綺麗な服が増える。
 派手すぎると、しっくな白黒へと変わる。

 何事もそうだ。
 だから、バランスが必要。
 そのバランスは、個人も必要だが、会社全体のバランスは社長がみなくてはいけない。
 それができれば、社員も気づかないうちに良い環境が作れる。

 ただし、何かを大きく変える、スタートを切るというときは、
 このバランスは不要。
 むしろ、一つに集中をして、偏らなくてはいけない。
 そして、落ち着いてきたら、バランスへとむきなおす。


 なにやら、違った方向に向かってしまいましたが、
 社員をリードするのは上司。
 そして、社長。
 ぐいぐいとひっぱるのか、落ち着かせるのか、
 それは上司、社長が判断をする。


 仕事以上に大切なモノがある。
 人生を楽しむ。
 人生を満喫する。
 この考えがあり、それをちょこっとでも社員に伝えようとする気持ちがあれば、
 怒ったり、強引になったり、褒めたりする行動も必然となるのではないでしょうか?

 そう、まるでわが子を育てるかのように。


 社長的考え一覧へ
[PR]

by lovelygken | 2006-04-10 18:18 | 社長的考え
<< ブランドの確立 チャイナへ >>