人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
開発力

 これから子会社にバッタリ!!とメスを入れます。
 いや、日本刀でバッサリ!!かも。

 メーカーであるが故に、グループの心臓部分は開発部。
 開発部は現在、子会社の中国にしかないんですわ。
 言葉の壁もあるんだろうが、日本側の要望を軽視、酷いときは無視、
 そして、やったと思ったらとんでもないものを作ったりしている。
 ようは日本側のニーズに対応できる技術力が、きちんとないってことですわ。

 そんな開発部には、私はいつもイライラをしていた。

 なので、本日は技術者でもある父上に相談へ。
 一つの商品を見せて、説明。

 私:
 私としては、ココとココがおかしいと思う。
 んで、こうできないでしょうか?

 父上:
 おう、その通りだね。
 これはおかしい。しかも、初歩的なミスだな。
 設計者は誰だ?
 大学出ているのか?

 ここで問題なのは、ド素人の私でもここがおかしいっしょって思える商品だということ。(笑)
 って、笑っている場合じゃないよっ!!!
 Nくんもつれていったのだが、Nくんにはそういう感覚はなかったみたい。
 残念だけど。
 ということで今回は父上のお力も借りて、今度一緒にチャイナへ行きますわ。
 
 今まではこの開発部は、ほとんどノータッチでした。
 中国人トップであるG氏の影響もあって。
 中国人にも、社内の人間関係云々があるんですな。

 まぁ、私の予想としては、彼らは私の要望はできない。
 つまり開発力がない。
 ということ。
 だからこれをきっかけに、G氏に開発を中国じゃなくて
 米国か日本に移しましょうと提案をしたい。

 まぁ、彼らが出来てしまえばよいんですがね。

 いかなるものか。
[PR]

by lovelygken | 2006-05-11 19:08 | 社長的日々
<< 今、帰宅途中 久しぶりの... >>