人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
資本参加

 お疲れ様です。
 前職で講演を本日、致しました。 
 講演と言っても、朝会ミーティングに呼ばれてみんなの前で話をしたんだけどね。
 2人で始めた会社が、今では15人以上。
 なんだか、面白い。

 どんな内容を話しをしたかはまた別として、
 なんで最近また連絡を取っているのかを話ししたい。

 私は、前職をやめる時は、不満もあり、家のタイミングもありで、
 やめました。 
 不満というのは、当初共同経営をやろう!
 と言っていた彼の言葉が、なかなか実行にならなかったこと。
 それは、資本参加をさせてくれなかったこと。

 当時は、それが一番不満だった。
 なんで、資本参加させてくれないんだ?
 こんなに、沢山働いているのに。
 しかも、取締役だよ?
 なんてね。
 
 でも、今となっては非常に彼の気持ちがよくわかる。
 資本参加っというのは、そう簡単にさせるモノではない。
 理由は、簡単。
 だって、一生本当にその会社で働くの?
 社長は、死に物狂いよ。
 
 何がなんでも成功させたい!
 成功させて辞めて、云々なんて考えないもの。
 でも、副社長も含めて下は違う。
 その根本的な考えが違うのよ。

 だから、社長は冷静に、そして本当に信用できるまではやらないもの。
 ましてや、個人会社でただ終わりたいと思っているオーナーであればなおさら。
 絶対に、資本参加をさせるという考えはない。
 もちろん、例外はありますよ。

 じゃぁ、当時の私には信用がなかったのか!?
 そう、それはなかったんだろうね。
 ずっと、一緒にその会社で私が働くということはない、
 と私自身も思っていましたから。

 だから、彼の決断は正しかったのです。

 今は、私はオーナーではないが、
 よく気持ちがわかります。
 資本参加させる、するってことは非常に大変なことなのよ。
 中途半端な気持ちでやっていたのでは、ひとたまりもない。
 後々面倒に。

 例えば、我が社の非常勤取締役のおじいちゃまK氏。
 彼は、私にこんなことを言っていました。
 
 私は取締役ですよ。 
 社会的責任を負うのです。 
 しかしながら、給与はもらっていないんですよ。
 社長ぉ、わかってくれますぅ~?

 って、目をウルウルさせながら給与をくれないのであれば、
 やめると言わんばかりの顔をしていた。
 だから辞めてもらうことにしました。
 今月で、退任届けを出してもらい、彼が保有している株式も私が買取ります。

 だから私は言ったのです。
 オーナーに。
 そんな簡単に株式を渡しちゃダメだよって。
 オーナーは、株式を渡すことによってモチベーションがあがると思っていたというが、
 それは違う。

 モチベーションはあがらない。
 でも、安心感はでる。
 でも、ベンチャーに近い会社が、安心感なんているわけがない。
 ドンドン突き進んで行くしかないんだから。
 それを、あーだーコーダと、これは危ないとか、これじゃダメと言っていたのではダメ。

 ちょっと方向がずれましたが、
 他のものに資本参加はさせない。
 これが、基本。
 色んな理由、状況などがたくさんあるが、
 他のものを参加させるのは、最終手段だと思うべし!

 特に、これから会社を作る人。
 これから会社が伸びる人。
 肝に銘じてくださいな。

 これが言いたかったことですわ。


 社長的考え一覧へ
[PR]

by lovelygken | 2006-06-05 22:28 | 社長的考え
<< 武士道が足りなかった村上世彰 新型検索エンジン SAGOOL >>