人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アイデア

 なんでそんなにアイデアが浮かぶの?
 と言われることがある。
 それは、社長だからさと格好をつけたくなる気持ちも抑え、
 なんでだろう?って考えた。

 そもそも、アイデアって何?

 アイデアとは、
 既にある何かと何かを組み合わせたものである。
 その何かと何かを組み合わせて
 新しいモノを作り出すには 知恵が必要だ。

 ようは、以下に自分の持っている点という知識を
 鎖で繋げた知恵にするかということである。

 例えば、ゴムと傘。
 傘をたたんで、たてかけようとする。 
 しかし、床が滑ってなかなかたてかけられない。
 そこで、傘の先を滑り止めのゴムにしてみる。
 すると、傘は滑らなくなる。

 なんてことないことだ。
 でも、実際にアイデアというのはこんなものだ。
 ゴムという材質を知っていて、
 傘を立てかけるとどうなるかっということを知っている。
 この二つの知識を持っているから、
 二つが一つとなりアイデアとなる。

 しかしながら、ただ知識を持っていてはダメ。
 知識と知識を持っているだけで、
 突然新しいアイデアが湧いてくるわけではない。
 深く、本当にいつもそのことを考えなくてはいけない。
 寝るときも、起きたときも、食事をしているときも...

 本当にいつも考えていると、
 自分が考えていないと思っている時でも、
 脳の奥底では考えているもの。
 そしてちょっとした時に知識と知識が繋がって、新しい知恵となる。
 そのちょっとした時というのは、自分がリラックスした時に起きる。 

 私の場合に多いのが、寝る前と、海外出張中。
 そして、友人らと何か話をしている時。

 アイデアが閃くまでには、次のような順序が必要なのかもしれない。
 知識を蓄える。
 これらの知識を自分の言葉で話せるようにする。
 次に四六時中考える。
 そして、忘れたかのようにリラックスをする。
 そうすると、アイデアがでる。

 最終的にはそのアイデアを再度まとめる。

 なんか振り返ると、
 こんな風に出てくるパターンが多いような気がする。
 そして、社長は自分の会社が好きで、
 何をどうやって儲けようと常日頃考えているからこそ、
 一般社員よりも多くのアイデアがでるのである。

 皆さんは、いかがかしらん?

 
 社長的考え一覧へ


 
[PR]

by lovelygken | 2006-08-28 08:02 | 社長的考え
<< 経営理念 大切な時間 >>