人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
社員は待てない

 前にも述べたことがあるかもだけど、
 社員は待てません。
 何を待てないのかと言うと、
 経済的な処遇面について。

 例えば、将来は年収が1000万円になるように
 頑張ろうぜぃ!!!
 と話をしたとする。
 半年ぐらい経つと、社員は言う。
 「いつになったら、1000万円になるんですか?」
 って。

 こいつアホだ。
 将来って半年先のことかよっ!って、突っ込みたくなるのは経営者
 でも、やっぱりそう思ってしまうのは、社員。

 ただ、本当に夢を共通にして、
 目を輝かせて頑張っている人は違う。

 一般的には、待てないということ。 
 例えば、私は前職のブライダル関係の仕事をしていたときは、
 1年間無給で働いていました。
 1年間だよ?
 今思えば、アホなことをしていたけど、
 それだけスンゴイ夢と希望を持って、やっていたんだよね。

 でもね、やはり払うものは払う。
 というようにしなければ、一般的な人はついてこれません。
 例えば、ボーナス。
 社員なんて、会社の経営状況をよくわかっていません。
 もし、経理関係を公開していたとしても
 本当に理解できる人はほとんどいないでしょう。

 だから、平気でこんなセリフが出てくる。
 「今年はボーナスはちゃんと出るんですか?」

 でもね。
 これ、社員は悪くないの。
 悪いのは経営者で、
 ボーナスもちゃんとでるぐらいの給与設定にすれば良いってこと。

 例えば、月給額面が30万円だとします。
 だったら、それを30万円じゃなくて、27万円にしておけば良いの。
 残りの3万円は、ボーナスに出せば良いのよ。
 少ないなぁって思ったら、ちょっと+してあげれば良いの。
 あとは、自分の中での評価、儲け具合にもよるけど。

 はじめっからボーナスを含んだ金額を考えておけば、
 その金額で入社する人はするし、しない人はしません。
 で、ボーナスはボーナスで払うので、社員はそれなりに喜ぶ。
 そんなもんなんです。

 そして、社員の給与を減らすというのは、
 最悪の時だけ。
 給与を減らすということは、=クビにすると思ってください。
 そんな私は、おもいっきり給与を減らしましたが。(苦笑)

 社員はこう思うものなのです。
 いつ給与があがるのだろう?
 いつボーナスはもっと増えるのだろう?
 そしてこれらの考えは何か裏付けのある言葉ではなく、
 自分が直感的に思うわがままであることが多い。 

 自分が少し頑張ったと思ったら、給与は上がると思っているのです。
 
 会社のバランスは難しいのです。



 社長的考え一覧
[PR]

by lovelygken | 2006-09-24 16:44 | 社長的考え
<< 余談 日経新聞6面 中国、水不... 個人面談結果 >>