人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
各界もグローバル化

 以前に新聞ネタで、「日経19面 大機小機 強い日本と弱い日本」を書いた。
 ちょっと追記。

 日本は、少子高齢化。
 どこかを起点に、かならず市場の縮小がやってくる。
 外国人の受け入れを未だに厳しくしている日本は、
 人口減で自らの首を絞めることになるでしょう。

 以前の投稿では、「止まってしまってる」と表現していたが、
 10年以上先を考えれば、下向くのは目に見えている。
 これは、どの業界を見てもそうでしょう。

 例えば、広告業界。
 絶対的な人が少なくなれば、この業界も下向いてくるでしょう。
 なぜなら、視聴率や読者数等が絶対的に減れば、
 それだけ広告料が減るわけだから。
 電通こそベスト3に入る人気企業だが、
 今後どうやっていくのか。

 グローバル戦略をとらなければ、
 業績は下向き、
 海外で儲かっている企業が買収する可能性もある。
 30年もたったら、この企業名は消える可能性もある。

 そうなると、今話題になっている野球業界も。
 これこそ一番打撃をうける業界ではないのか?
 だからこそ、もっと稼げるところにいく。
 それが、アメリカ。
 アメリカは、世界の少子高齢化と反して、
 人口は増える。

 スパニッシュ系を中心に。

 市場が大きくなるわけだから、
 野球をする人も増えれば、
 野球を好きになる人も増える。
 市場は必然と大きくなる。
 だからアメリカの野球の方が稼げる。
 これは今だけではなく、将来を考えても。

 将来も考えて、
 松坂がメジャーにいきたがっているであれば素晴らしい。
 いずれにせよ、どうせ行くのであれば
 引退後はアメリカで何かができるようにするべきでしょう。
 また日本に帰ってきて...
 とか考えているんであればアカン。

 世界をみても、少子高齢化の方向。
 各国の企業は今後、ドンドンとグローバル戦略をとってくるでしょう。
 そうした時、どうなるのか?
 今、言われるBRICs市場、ブラジル、ロシア、インド、中国は
 もちろん、やはりアメリカらに進出をする企業が増えるでしょう。

 私の考えだと、
 今までの発展途上国が伸びたことがないぐらいの勢いで、
 BRICsの市場は急激に伸びる。
 なぜなら、いまだかつて経験したことのない少子高齢化により、
 各企業が集中して同じ市場にやってくるわけだから。

 もう既に急激に伸びているよと、
 言いたくなる人もいるでしょう。

 でも、想像以上にもっと伸びていくでしょう。
 のぼりっぱなしというのは、市場ではありえない。
 必ず、下がるときがある。
 その時がチャンス。
 その時にキャッシュを持っている企業が、 
 さらなる飛躍へとなる。


 社長的考え一覧 へ


 
[PR]

by lovelygken | 2006-11-10 09:34 | 社長的考え
<< 人材派遣!? そりゃアカンでしょ >>