人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
信頼
  体育会系ほど、会社に似ているものはない。
  しかもある面では会社よりわかりやすく、責任がより明確的だ。
  体育会系人が少なくなっている今、私は重宝したい。
  体育会系に入ると、上下関係から、挨拶、礼儀作法等をまず教えれる。
  (必ずしも全ての体育会部がそうだとは言えない、残念ながら)

  会話時は人の目を見、言葉ははっきりと言い、行動が早い。
  基本が出来る人は、TPOができる人が多い。
  TPOは、Time Place Occasion。
  「時」と「場所」と「場合」によって、いろんな対応があるということ。
  これが出来るようになると、あとは応用の応用であなたも社長だ。

  またこのような男性は、私から見てもカッコイイ。
  ビジネスは、信頼で成り立つ。
  一番手っ取り早く信頼を得るには、正確さと実行力を身に着ければ良い。
  レスポンスが早ければ、早いほど相手に良い印象を与える。

  こちらの仕事が速ければ、相手も早く仕事が片付けられる。
  相手が早く仕事を片付ければ、上司にも好印象。
  相手が気づこうが、気づかまいが、
  あなた自身への印象は相当変わるはず。 
  すればあなたとその相手の信頼が高まり、
  より良いビジネスができるはずだ。

  正確さと速さは相反するもの。
  基本的には早ければ、早いほど、正確さが欠ける。
  正確にしようとすれするほど、遅くなる。
  これは経験でしか、習得できない。

  はじめは、物事を早くやる癖をつけるのが良い。
  その物事を早くやっていると、自然と体も慣れて、頭も慣れて
  正確さが後からついてくる。
  はじめは失敗しても恐れることはない。
  次回失敗しなければ、良い。
  その分、緊張感を持ちなさい。

  例えば、自分の基本仕事がある。
  多くの人は、途中で依頼があると本来の仕事の方が大切だと感じ、
  後回しにする傾向がある。
  書類やメールも見ても、あとで印鑑を押す、あとで返信しようとする。

  しかしながら、このようなことは間違っている。
  優先順位というのは確かにあるが、出来るのであればやってしまえ!
  一番怖いのは、あとでなんて考えてそのまま「忘れてしまう」なのである。
  これはありがちだ。

  書類やメールは一度見て、またあとでやるということは
  もう一度その書類やメールを見て読むということ。
  これは、読む時間が2倍以上かかっていることだ。
  社長の私から言わせてもらうと、
  そんな書類ごときに時間をかけるために給料を払っているんじゃない!
  となるもんだ。

  どうせ後回しにするんだったら、
  書類もメールも見ずに一括してあとで初めて見れば良いと思うかもしれないが、
  そうもなかなかいかない。
  PCが中心となってしまった今、メールを全く見ないというのは危険すぎる。
  また、用事のあるメールだけを見るという動作そのものも、
  読むもの、読まないものを分ける作業が実は無駄になっているのである。
  書類で言うと、忘れる確率がぐっとあがる。

  だから私は途中で何か依頼があれば、どんなに小さくとも最後までやる。
  それらを早く片付け、早く自分の本業に戻れば良いだけの話。
  大抵はタイシタ仕事でない。
  タイシタ仕事というのは、自分の本業そのものに関わることであるはずだから
  それはじっくりとやれば良いのだ。

  友人からでも、恋人からでも良い。
  あなたは頼まれたら、あとまわしにしますか?

  悩んだらやれ、思ったらやれ、すぐにやれ!なのである。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-08 00:00 | 社長的考え
<< 運を掴む人 有楽町 とんかつ繁 >>