人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
電話2
  
  報告も大事だ。
  社内の報告は、急ぎであればもちろんすぐに担当者に連絡。
  そして担当者からすぐに連絡を入れさせる。
  電話を入れた担当者は、電話が出来た旨を伝える。
  電話に出た人に、最後までの責任があるから。

  電話に出た人が、
  「連絡のあったお客様に連絡してくれたであろうか?」
  といつまでたっても思ってしまう。
  上司にどこどこに連絡をしてくれと頼まれたときは、
  電話をしたことを報告するのは言うまでもない。

  急ぎでない場合は、担当者の机にメモをセロハンテープで貼る。
  メモは担当者がそのまま、使いまわしができる。
  セロハンテープは、わかりやすいPCの画面とかに貼るのが良い。
  社内のルールにもよるが、
  担当者の携帯にメールを入れておくのも効果的。

  担当者に知らせる内容は、
  誰から誰に。誰が受け取ったか、いつ(日付時間)の内容を記す。
  名刺ホルダーで電話番号を調べさせる手間隙をさせないために、
  先方より聞いておく、もしくは時間あがれば代わり調べて記しておく。
  細かいかもしれないが、いずれも書き忘れてはいけない。
  自分の責任が明確になる。

  社内同志でも、お客様だと思え。
  社内からの電話だからといって、
  名前を名乗らなくて良いなんてことはない。
  社内からの電話だからこそ、相手の名前を復唱せよ。
  以下、これよくある光景。

  A:「誰?誰からの電話?」
  B:「はぃ。畏まりました。」そして声を出さずに「部長から」
  A:「部長?終わったら電話代わって。」
  B:声を出さずに「わかった、わかった」

  始めに電話を受け取った人が、
  「○○部長」としっかりと復唱をしていれば
  このようなことにはならない。
  また、「お疲れ様です」の一言も添える。

  そもそも、
  上司と話しをしているのに、
  きちんと話しをきかずに、他の同僚と話しをしますか?
  電話でなく、通常の会話であれば間違いなく注意されるはず。
  これは電話で見えないからという、甘えの典型的なパターン。

  会話は目を見て、話す。
  電話は目が見えない。
  だからこそ、きちんと相手の話を集中して聞かなければならない。
  人間は不思議で、見えないのに、
  相手が何かをしながら電話をしているとそれがわかる。

  タバコを吸う人。
  肘を突きながら、しゃべっている人。
  他のことをしながら、聞いている人。
  言葉遣いが社内と社外で、変わる人。
  普段の会話ではしないことを、電話でもしてはいけない。

  その時になれば、出来るから。
  こんなことを言う人もいる。
  しかし、普段の努力が結果としてでるのが人間。
  ここぞという時の臨機応変さは日々の努力から、なる。
  日々鍛錬せよ。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-25 00:00 | 社長的考え:番外編インド
<< 帰国 Trivandrum >>