人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
営業

 営業。

 営業は自分を売り込む。
 商品だけを売り込んでいては、ダメだ。
 商品だけを売っていたら、本当の客を捕まえることはできない。
 自分、会社を売り込んで買ってもらった場合は、
 その後も買ってもらう可能性が非常に高くなる。
 共感をさせるのが、ポイントだ。

 私たちは、この業界をこんな風に変えていきたい。
 これが足りないから、私たちはそれをやります。
 今まではこうであったが、これからはこうなる。私たちはそれをやります。
 というような事柄だ。
 現状を示し、それに対して何をするのかを伝える。

 するとクレームの度合いも違う。
 商品だけを買った客は、商品が悪ければ、
 大問題となって大騒ぎになることすらある。
 その分だけ会社としては、
 時間、費用、人を費やさなければならない。

 しかし、自分、会社の考えを売り込んで、共感させた客は違う。
 商品に問題があったとしても、そこまでの大問題になるケースは少ない。
 注意や改善案として伝えてくるケースが多い。
 もちろん、このような場合でもきちんと社内にフィードバックをするべき。
 営業マンは、ノルマやプレッシャーから何がなんでも売るために、
 価格割引やその他のサービスを付加しようとする。
 しかしこんなのは、営業マンではない。

 本来の営業マンは自分を売り込む。
 自分を売り込むためにはどうしたら良いのか。
 それは、早く自分を知ることだ。

 自分はどんな性格なのか。
 自分の良いところは何か。
 外見が良いのか。
 言葉遣いが良いのか。
 誰にウケが良いのか。
 自分の『売り』を探すのだ。

 そして、会社の信念、考えをもう一度理解する。

 その際は、良い箇所から探す。
 次に自分の悪いところ、苦手なところを認識する。
 それがわかれば、良い箇所をドンドン使う。
 アピールする。
 これらができて、悪いところをナオス。

 得意なこと、良いところはさらなる伸びが早い。
 悪いところはそれが遅い。
 しかしいつまでも、悪いところは放っていてはダメだ。
 認識をし、少しずつ改善するで良いのだ。
 
 会社と自分の売り込みが融合し、
 商品を自分の言葉で営業できた時は、最高の営業マンとなる。
[PR]

by lovelygken | 2004-11-11 15:51 | 社長的考え
<< 渋谷 一慎 紅すずめ 浜松 >>