人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:社長的新聞( 24 )

余談 日経新聞6面 中国、水不足や汚染深刻

 おはようです。
 ちょこっと、余談です。

 中国の水事情は、本当に悪いです。
 五つ星のホテルでも、シャワーから出てくる水は濁っている所がある。
 あの水をお茶に入れて出してくるわけだから、
 ちょっと待ってと言いたくなるときがある。
 (大抵、飲んでしまうのだが...)

 そして、日本の水処理は世界でも最高レベルの技術をもっている。
 それを知ってか、我が社のところでも水処理の話が参りこんできたこともある。
 日本企業、ぜひ頑張ってくれ!


 
 
[PR]

by lovelygken | 2006-09-25 08:39 | 社長的新聞
夕張市破綻

 おかしなもんだ。
 予算を組み、お金を使う議員そのものが、
 損益計算書、貸借対照表を全くみれないのはおかしい。
 超専門的なことは、わからなくて良いの。
 基本的なことがわかっていれば、数字というのは見れるもんだ。

 百歩譲って、知らなくても良いとしよう。
 次におかしいことは、それを行っていた専門家は何を考えていたのだろうか?
 ということ。
 私からすれば、夕張市の議員は皆、お金を食いつぶしていただけ。
 これは、横領です。

 経済犯として、処罰するべきです。
[PR]

by lovelygken | 2006-07-27 09:25 | 社長的新聞
<福井日銀総裁>辞任求める見解 自民金融政策小委委員長
Excite エキサイト : 政治ニュース

 日銀総裁の福井氏。
 村上ファンドとの云々はちょっと抜きにして、
 財産の話について。

 皆さん、日銀総裁の資産が3.5億円と聞いてどう思ったでしょうか?


 私は圧倒的に少ないと思いましたね。
 私は知りませんが、日銀総裁の給与はいくらなのでしょう?
 そもそも、金融機関の給与が一般サラリーマンより高いのはなぜか。
 (最近では、高いんだなんだかって感じみたいですが。)
 その一つの理由として、不正行為に走らないため、というのがある。

 私からすると日本銀行の総裁をされている方の給与なんて、
 年間億円単位でも良いと思っちゃいますね。
 それだけの責任も持つわけですから。

 日本はやはり相変わらずお金を沢山もっている人に対しては、
 ひがみみたいなのがまだまだありますね。
 そろそろそんな習慣は、ジョジョになくなっても良いと思うんだが...
 だからたかが3.5億円(たかがと言ったら失礼ですが)で、騒ぐのです。
 
 ようは、ぐじぐじしたところまで突っ込むマスコミがどうなのよ。
 ということですわ。


 あ~、朝からちょっと機嫌が悪い私。
 金曜日ですが、週末も関係ないですしね。
 頑張りますわ。

 
[PR]

by lovelygken | 2006-06-30 08:54 | 社長的新聞
桜開花
Excite エキサイト : 社会ニュース


 ニュース読んで、ちょっと思ったのでコメント。

 この記者、勉強しておりまへんなぁ。
 そもそも、ウェザーニュースと気象庁の“開花とみなす基準”が違うのです。
 ウェザーニュースは、
 遠めから見て“桜が咲いている”と認識できるまでになったら“開花”とみなす。
 気象庁は、
 目安となる桜の木に“5つの桜が開花”していたら、“開花”とみなす。

 それぞれのルールが違うんだから、軍配もなにもありませんな。

 ちょっと口うるさい私でした。
[PR]

by lovelygken | 2006-03-22 08:29 | 社長的新聞
日経新聞 3月15日 5面 中古家電規制 電子楽器を除外
電気用品安全法(PSE法) | Excite エキサイト : 社会ニュース特集

 でました役人によるミス。

 このニュースの一番の問題は、現場を見てない役人らがルールを作っていること。
 その業界の人とともに、そのルールを作れば良いだけのこと。
 1つのことをきめたら、それに対する影響は何があるのか?
 どれくらいの影響があるのか?
 それは、良い影響なのか?
 悪い影響なのか?

 これらは一企業であれば、当たり前に考えていること。
 
 でも、何よりも議論をしなくてはいけないのは、
 この法律はいったい何のために、そして誰のためにつくられたのかということ。
 
 どなたかの懐、肥えてませんか?
[PR]

by lovelygken | 2006-03-15 09:17 | 社長的新聞
2月23日 日経新聞 1面 8面 中国 報道規制強化

 信じられない。
 民主主義の国々からすれば、とんでもない規制を行っている。

 ヤフーやグーグル等に、検索に規制ができるようにさせている。

 共産党が、人民を統制できる最も有効的な手段とは。
 それが、メディアなのである。
 だから、彼らは色んなことに対して規制をかけている。

 TVで日本のNHKが流れる。
 しかしんがら、これらも中国では不適切なニュースは省くこととなっている。
 ネット検索をしようにも、結果が出てこない。
 しまいには、映画で本来ならここがキスシーン!というところも、
 カットされてしまったりしている。(苦笑)

 中国国内で、ある日本語が有名。
 それは、「めしめし」と「よしよし」。
 中国人で、知らない人はいないでしょう。
 ある古い中国の映画で、日本兵が中国人に向かって言うセリフだという。
 その映画も結局は、日本がいかにヒドイことをしていたのか。
 という内容のもの。
 
 これだけの世の中になっているのに、
 なかば、まだ鎖国を続けようとする中国。
 しかしながら、ボーダレスのネットには規制には限界がある。
 それは、中国政府でも分かっていることであり、
 対企業が取り組むべき課題を越えている。

 今後の中国の変化。
 どのように変わっていくのだろうか。
[PR]

by lovelygken | 2006-02-23 19:10 | 社長的新聞
2月3日 日経新聞 39ページ社会面 東横インホテル謝罪
Excite エキサイト : 社会ニュース


 いるんですなぁ。
 このような最低な社長。
 視野が狭いというか、心が狭いというか。
 まさに、親の顔をみてみたいである。

 やはり、ここも“常識”というのが問題。 → 常識

 自分の中での常識を、貫き通す。
 意思を貫き通すというのは、経営者としては非常に大切。
 その一つのことに向かって、継続的に努力をする。
 そして、結果を出す。
 素晴らしいです。

 しかしながら、それはもっと広い視野でやらなければならないコト。

 同じ経営者として、非常に恥ずかしく感じる。
 この社長は、本当に謝罪という気持ちはないでしょう。
 今のままでどうにかやれると、思っているのでしょう。
 最後にしっぺ返しがくるのは、目に見えている。

 それにしても、今でもこのホテル泊まろうとする人がいるのが信じられない。
 私は、こんな経営者のホテルには絶対に泊まりません。
 ちゅうか、元々興味もありませんでしたわ。(苦笑)


 
[PR]

by lovelygken | 2006-02-03 09:16 | 社長的新聞
日経新聞社会面 京大生女性を集団暴行
Excite エキサイト : 社会ニュース

 お疲れ様です。
 19さんからも、ご要望?がありましたので、お答えさせて頂きます!
 
 はっきり言って、「最低」。 
 監督の言葉、「人間失格」は的確。


 私も、大学時代はアメリカンフットボール部でした。
 しかしながら、このような事とは縁がない雰囲気。
 我がアメフト部は、ただスポーツ、アメフトだけを教えていなかった。
 今の私の考えの“基本”の生みの親が、
 この時の監督、コーチをはじめ関係者の皆様からなのです。

 監督は言いました。
 「基本だよ。基本。若いお前は、基本を学びなさい。」
 「そうすれば、なんにでも応用できるんだから。」
 「応用先は、アメフト、スポーツだけじゃない。人生にも応用できる。」

 我がアメフト部は、このアメフトというスポーツを通して、
 人間としての基本のあり方を教えていたのだと思います。
 現役時代は、そのようなことは感じることもできない。
 しかしながら卒業をして時が経てば経つほど、これは実感する。

 そんな監督も、私が大学二年の時に他界。
 衝撃的でした。
 そしてコーチ陣も戸惑いを隠しきれていませんでした。
 少しでも、その素晴らしい考えが広げられたらと、
 ある意味このブログをスタートしたということもあります。



 彼らはいったい何を学び、何を考え、何を習得したのだろうか?
 非常に残念で、怒りを覚える。

 

 あっ、本日、表参道で偶然にもコーチに遭遇。
 相変わらずの元気でした。
 今度、呑みましょう!だって。
 もちろんですっ!
 イマちゃん!
[PR]

by lovelygken | 2006-01-27 14:35 | 社長的新聞
1月20日 日経新聞 ライブドア

 いよいよ、終盤ともいえる、ライブドアショック。
 結局、何がいけなかったのか。 
 なんだか、毎回同じことを言っている気がするが、あしからず。
 過去の私の社長的新聞でも述べたが、
 彼はスジを通さない人と判断できる。

 ようは、  倫理観、社会的常識の欠落。

 これは、実は非常に重要、大切なこと。
 法整備は誰がどう考えても、後から後から出来上がるもの。
 まぁ、もちろん予測をして先に整備もしますがね。
 では、法さえ守っていれば何をしても良い、ということなのか。

 ちょっと前に鶏インフルエンザで、農産の社長は言った。
 「この業界では、多少鶏が弱っても尻を叩いて卵を産ますんだ」
 また、違う事件である社長は言った。
 「この業界ではこれが、当たり前なんですよ」
 これらは、全て倫理観、社会的常識から外れた言葉であり、行動である。

 騒音、迷惑と色々とあるが、
 悪臭に対する法整備はない。
 だったら、どんなに悪臭を放とうが、どんなに他人に迷惑を与えようがやってよいのか?
 これもちょっと前のゴミ騒動事件。

 人は人によりて、人となる。
 企業も、人によりて、企業となる。
 世も、人によりて、世となる。

 決して、自分だけの常識でやってはいけないことがある。

 しかしながら、本当に皆がおかしい、世がおかしいと思うことを変革することは大切。
 非常に難しい線引きとなるわけだが、
 これもやはり、「人としてどうなのよ」が問われる。

 会社が上場するときは、面接もありそれが重視されてきたと言う。 
 しかしながら、その人の本質を見抜くのは非常に難しい。
 今後はより厳しい目での審査が行われる。

 これは、私には追い風か!?(笑)



 あっ、追記。
 それにしても、弁護士だの専門なんたらなのとテレビやラジオ、新聞へと
 コメントをだしたりするが、
 その人のコメント事態が間違っていることが多い。
 堀江氏の追及も必要だが、同時にマスコミの「正確さ」も追求するべきだ。

 みのさん、頼みますよ。
[PR]

by lovelygken | 2006-01-20 09:10 | 社長的新聞
12月9日 日経新聞1面 みずほ証券、大量発注ミス

 社長的新聞です。
 本日の日経新聞、一面でごわす。

 人材サービス会社のジェイコムが、新規にマザーズに上場。
 上場をした日って、けっこうバタバタしているんですよ。
 元証券マンとしては、非常によくわかります。
 しかも、今はIPO人気になっているのでお客さんからの注文が多いと思われる。
 担当者は、ボケミスをしてまった。

 ジェイコムを1株を61万円で売り注文
 
 送信ボタンをポチッ。
 で、担当者は株式売買の画面を見る。
 絶対にこう思ったはず。

 「 ? 」
 「 ?? 」
 「 まさか... 」

 自分の書いた伝票と、入力を確認。

 「ジェイコム 61万株 1円 売り」
 「 %"$%&'())$#$&()&$"#"~=$%"#"%????!!!!! 」
 「 ヤバイ...(汗) 」

 画面を見ると、成り行き状態で株価は急落へ。
 成り行きとは、その字の如く、「なんでもいいから」という意味。
 だからこの場合、なんでもいいから売ってくれ!と言っているようなもの。
 そして、慌てふためいた頃には、その日の値幅制限の最低価格まで。

 証券会社は、このよなミスがあった場合は処置をとる。
 それは、売ったものであれば買い戻す。
 買ったものであれば、売る。
 という処置。
 買ったものを売るというのは、理解が簡単。
 売ったものを買い戻すって、どういう意味だ?

 そこで、説明しよう!

 ようは“売りの予約”のようなもの。
 本来は、実際にその株を持っている人が使う手法。
 将来、株価が安くなると予想した時に行う。
 現在の株価が1,000円。
 明日の株価が500円(現実的にはありえないけど、例ね)。
 そして、この500円で株を買う。
 
 するとこうなる。

 500円で買った株を、1,000円で売ったことにしてくれる
 のである。
 500円で買って、1,000円で売るので500円儲けたことなります。

 しかしながら、今回のみずほ証券は運が悪かった。

 その後の株価は、一気にその日の値幅制限いっぱいのストップ高へ!
 本来は、1,000円売って、500円で買い戻しをすれば
 ミスをしてもまだ儲けがでる。
 しかしながら、みずほ状態はこうだ。

 1,000円で売り予約をして、買い戻そうとした。
 しかし、価格は上がってしまった。
 2,000円へと。
 そして、証券会社はかわいそうなことに自己売買の時は、
 その日に損失や儲けを決済するもの。
 
 だから、損とわかっていても、やむを得なく2,000円で買い戻し。
 1,000円の損失。
 とこんな小さい損失なら良いが、
 それが270億円以上!
 最低ですわ。

 ちなみに、私も証券マン時代にこのような発注ミスをしたことがある。
 10,500円する株を、100株買う注文。
 これだと、105万円。
 これを、1000株の注文として間違えてしまったんだよねぇ。
 だから、1050万円の注文になってしまう。

 支店長に報告。
 支店長は、本部に報告。
 本部は、すぐに自己売買へと連絡。
 そして、自己売買は900株を売る。
 このようにして、処理は終わる。
 
 あっ、もちろん始末書書きます。(笑)
 ボーナスにも響く。(涙)
 今回のこの証券マンの気持ちが痛いほど、わかります。

 ちなみに、日経平均の最高値は、バブル絶頂期89年に38,957円を記録。
 これは、ある証券会社の証券マンが、
 NTT株を成り行き買いで発注ミスをしたから記録したものと言われている。
 チャートを見ればわかるが、これを機に日経平均はあれよあれよという間に急落。
 そしてバブル崩壊へ。

 バブルを崩壊したのは、ある証券マンだ!
 とまで、この証券業界では言われている。(笑)

 今回の件は、どのようにな影響があるんでしょうかねぇ。


 
[PR]

by lovelygken | 2005-12-09 16:54 | 社長的新聞