人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 10月 ( 55 )   > この月の画像一覧

サービス

 サービスほど難しいものはない。
 目に見えない。
 十人十色の満足があり、不満足がある。
 そしてサービスをする人のレベルもある。

 私がexciteに引越してきたのも、
 使いやすさ、見やすさを追求したらからである。 
 分類がしたい。
 もう少し、見やすくしたい。
 更新する私としても、使いやすいものを選んだ。
 ここにはそれがあった。

 人は期待以上のことをされると、誰でも喜ぶ。
 余計なお世話というものを、除いて。
 期待以上の成績を上げれば、親は喜ぶ。
 期待以上の業績を上げれば、上司は喜ぶ。
 期待以上の愛をあげれば、彼女は喜ぶ。
 期待以上の事柄をすれば、人は喜ぶ。

 コンビニでのサービス。
 高級料理でのサービス。
 どちらも期待するサービスの度合いは違う。
 コンビニはマニュアル通りで良い。
 しかしがら、それ以上の事をされると他のコンビニとは一味違う
 という印象が残る。
 特に接客の対応。

 高級料理はマニュアルではいけない。
 すぐにお客様のスタイルを見つけなくてはいけない。
 何を望んでここに来たのか。
 食事か。
 サービスか。
 雰囲気か。
 二人の時間か。
 etc。

 これを読み取れれば、最高に良いサービスができるであろう。
 そして最低レベルのことは絶対にミスをしてはいけない。
 これが難しい。
 常にパーフェクトというのが、難しい。
 人は間違えるもの。
 これ当たり前。
 間違えたときの対応が、どうするか。
 これがポイント。

 人は機嫌が悪くなったときに、上手くフォローされると余計に嬉しくなるもの。 
 ビジネスでもそうだ。
 クレームを嫌うのが人。
 しかしながら、このクレームに真っ向から勝負をするべきだ。
 特に上司。
 そこには思いがけない、色んなものが落ちている。
 そして上手く対応すれば、一生ファンになってくれる可能性がある。

 私が証券マン時代、一番多く客になったきっかけはクレームだ。
 一日に数百件という電話をさせられた。 
 新規開拓のために。
 毎日、毎日電話をした。
 すると一巡どころか、二巡、三巡...と続く。
 気がつくと同じところに、同じ人がでて、叱られる。

 叱られたら、メッケもん。
 すぐに支店から飛び出す。
 そして家まで行く。
 するとその電話に出た人は居る。
 ちょっとした手土産とお詫び状を持って、渡す。 

 人は電話では言いたい放題だが、いざご対面となると急に態度が変わるものだ。
 とくにひどく怒鳴られれば、怒鳴られるほど、その後はやさしいものだ。
 人は罪悪感というものが、必ずある。
 そして会話が進むうちに、顧客になる。
 通常の商品にツラレテ来た客とは、違うぐらい良い客になる。

 サービスというものは、自分だ。
 そして、会社だ。
 会社の方針があり、自分の生き方が合わさってサービスになる。
 自分をよく知っていれば知っているほど、良いサービスができる。
 自分の強み、弱みはわかっていますか?
 それらをうまくコントロールできますか?

 商品だけでなく、会社、自分を好きにさせることが出来れば
 最高のセールスマンだ。
 なぜなら、商品が悪かった時は本当にクレームとなる。
 しかしながら買った理由が、その「人」であれば、
 その人が誠意を失わない限り、本当のクレームとはならない。

 究極の商品はサービス。
 これはどんな業種でもそうだ。


 

 
 
[PR]

by lovelygken | 2004-10-31 00:00 | 社長的考え
Giotto
 
 本日友人宅で、すき焼きを食す。

 友人は今年にめでたく結婚。
 愛のキューピット役はまさに私だ。
 前の会社を友人と始める際に、彼を呼んだのだ。
 そして彼女と出会った。 
 それは同じビルの取引先の社員。

 友人は岡山出身。
 奥さんは山形出身。 
 ほのぼのとした二人はとっても、お似合いだ。
 彼は責任感が強く、お笑いが好きだ。
 彼女はボーっとしてそうだが、しっかりとしており良く気が利く子だ。

 米沢牛を実家から送ってもらい、皆で食す。
 米も地元でとれたもの。
 野菜は裏山で取れたもの。
 酒も地元。
 牛乳は牧場よりとれたて。
 なんて贅沢なんじゃ。

 美味しいを言うまでもない。
 旨い!!
 インドから帰って来た私にとっては、素晴らしい味だった。
 日本の味だった。
 やはり日本が良い。

 デザートは他の友人の差し入れで、
 銀座三越の地下にある、ジョトォ。
 私が好きだったのは、ミルクティ。
 縦長でプラスチックに押さえられているその、ケーキはとてもケーキとは思えぬ。
 素晴らしい見栄えだ。

 味ももちろん美味しい。
 上層部がメレンゲになっており、その上にナッツがトッピング。
 下層部はミルクティ風味の生クリームとスポンジが。
 なめらかで、このコンビネーションが良い。
 他にも、
 
 モンブラン
 レアチーズ
 フェデリコ
 ナッツショコラ
 ジョトォ 
 などがあった。

 ここは全体的に見栄えで楽しませ、味で納得させる。

 差し入れには良い。

 
 
[PR]

by lovelygken | 2004-10-30 23:59 | 社長的グルメ
伊豆高原 和むら

 本日伊豆高原でも有名なとんかつ 和むら へ

 タクシーの運転手にこの店の名前を伝えれば、すぐにつく。
 駅からタクシーで1.500円ぐらいのところだ。
 到着すると、想像以上のしっかりした造りにちょっと関心する。
 門構えがしっかりしているそこを抜け、ちょっとしたのぼり階段。
 全体的に和を取り入れている玄関を開けると、元気の良い挨拶が。

 喫煙、禁煙がしっかり分断されている。
 店内は結構広く、店員を呼ぶ際はボタンで呼ぶ。
 着席後すぐに、メニューを見る。
 かなりボリュームがありそうだ。
 そしてその分、高い。
 
 ロースカツ定食、220グラムの黒豚肉で焼く2,500円。
 エビフライ定食、2,600円。
 これで普通か?
 と念を押しながら、オーダー。
 10分ぐらいで、やってくる。

 定食の内容は、ご飯、味噌汁、お新香、茶碗蒸し、そしてメイン。
 目の前にするとやはり、かなりのボリューム。
 そもそも220グラムなんて、食べるんか?
 と思いながら、気がつくと完食。
 肉がかなり柔らかく、ジューシーで美味しい。

 ソースも特製で、良い。
 エビも美味しいが、ロースカツでしょう。
 キャベツにかけるドレッシングも用意されており、これまたGOOD。
 帰国後のとんかつは、美味しかった...

 
 
[PR]

by lovelygken | 2004-10-30 00:00 | 社長的グルメ
Pelesir
 
 ホテルアンダティバリゾートの中にあるレストランへ。

 ここはコースのみとなっており、宿泊すると自動的についてくる。
 もちろん、断ることも可能だ。
 よってメニュー内容は決まっっている。
 1階にあるこのレストランは、館内のバリ風をそのまま引き継いでいる。
 雰囲気もよく、店員のサービスも良い。

 本日のメニューは以下の通り。
 
 食前酒   地元オレンジワイン
 焼きたてパン
 サーモンと山ウドの和え物 
 豚のバリ紅茶煮 
 ヤリ烏賊のマリネ 
 合鴨タタキ
 刺身 目鯛 トラフグ 鯵
 青パパイヤのサラダ
 かぼちゃのスープ
 甘鯛のグリルまつたけ添え
 黒豚のソテー茸ソース
 
 美味しい。
 フレンチを基本とした創作料理だ。
 色が進み、楽しいひと時をすごした。

 
 
[PR]

by lovelygken | 2004-10-29 00:00 | 社長的グルメ
ホテルアンダティバリゾート

 本日、出張帰りにホテルアンダティバリゾートへ立ち寄る。 

 伊豆高原駅から徒歩10分のここは、バリ風ホテルだ。
 いや、バリ風旅館といった方が良いかもしれない。
 カラオケパセラを運営している会社が、リゾートへ参入。
 新しくオープンしたこともあって、まだキレイだ。
 そしてサービスも良い。
 バリ、アジア系が好きな人にとってはとても良い空間でしょう。

 駅からちょっと歩くと、桜並木通りへ。
 きっと春にここに来ると、満開で綺麗な桜が見れるんだろうなと
 思いながら足を進める。
 2本目の通りを右折し、急な坂をのぼるとそこがある。
 外装は昔旅館だった感じがする。

 内装は全て変えており、バリ一色。
 ガラス張りの入り口から、バンブーソファがあるロビーが見える。
 従業員が気持ちよく、いらっしゃいませと声をかける。
 チェックインをすぐに済ませ、いざ部屋へ
 フロントから2階にあがる階段へ。

 所々にアジア風の置物等が沢山置いてある。
 やりすぎという感じもなく、品が良い。
 部屋はそんなに多くないが、昔の旅館を使っている分廊下はその名残りがある。
 かぎを取り出し、部屋を開ける。
 扉が二つあり、どちらも閉まっている。
 一つはバストイレタリーで、一つは部屋だと検討がつく。

 靴を脱ぎ、あがる。
 部屋の扉をあけると、良い感じのアジアンが待っていた。
 寝所は右手にあり、敷布団だ。
 敷布団は敷布団でも、日本っぽい敷布団を感じさせない。
 左手はソファ。

 奥にはテーブルが一つと、鏡台。
 またDVDつきのTVが。
 そして小さいながらもベランダがついている。
 天井は高く、3m以上あるかと思われる。
 この高い天井が、良い空間をだしている。

 風呂は、露天風呂と完全貸切の風呂がある。
 どちらもアジアン風になっており、ゆったりとした時間を過ごすことができる。
 館内着というのがあり、かなりリラックス。
 久しぶりに酒ものみ、この日は知らぬ間に就寝。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-28 00:00 | 社長的グルメ
帰国

 本日、ようやく日本に帰国。
 長旅は、やはり疲れた模様。

 インドに行った場所の順番は以下の通り。

 Delhi
 Argra
 Delhi
 Munbai
 Bangalore
 Trivandrum 
 Delhi
 JAPAN

 インドは素晴らしく良かった。
 この一言。

 
[PR]

by lovelygken | 2004-10-27 00:00 | 社長的グルメ:番外編インド
電話2
  
  報告も大事だ。
  社内の報告は、急ぎであればもちろんすぐに担当者に連絡。
  そして担当者からすぐに連絡を入れさせる。
  電話を入れた担当者は、電話が出来た旨を伝える。
  電話に出た人に、最後までの責任があるから。

  電話に出た人が、
  「連絡のあったお客様に連絡してくれたであろうか?」
  といつまでたっても思ってしまう。
  上司にどこどこに連絡をしてくれと頼まれたときは、
  電話をしたことを報告するのは言うまでもない。

  急ぎでない場合は、担当者の机にメモをセロハンテープで貼る。
  メモは担当者がそのまま、使いまわしができる。
  セロハンテープは、わかりやすいPCの画面とかに貼るのが良い。
  社内のルールにもよるが、
  担当者の携帯にメールを入れておくのも効果的。

  担当者に知らせる内容は、
  誰から誰に。誰が受け取ったか、いつ(日付時間)の内容を記す。
  名刺ホルダーで電話番号を調べさせる手間隙をさせないために、
  先方より聞いておく、もしくは時間あがれば代わり調べて記しておく。
  細かいかもしれないが、いずれも書き忘れてはいけない。
  自分の責任が明確になる。

  社内同志でも、お客様だと思え。
  社内からの電話だからといって、
  名前を名乗らなくて良いなんてことはない。
  社内からの電話だからこそ、相手の名前を復唱せよ。
  以下、これよくある光景。

  A:「誰?誰からの電話?」
  B:「はぃ。畏まりました。」そして声を出さずに「部長から」
  A:「部長?終わったら電話代わって。」
  B:声を出さずに「わかった、わかった」

  始めに電話を受け取った人が、
  「○○部長」としっかりと復唱をしていれば
  このようなことにはならない。
  また、「お疲れ様です」の一言も添える。

  そもそも、
  上司と話しをしているのに、
  きちんと話しをきかずに、他の同僚と話しをしますか?
  電話でなく、通常の会話であれば間違いなく注意されるはず。
  これは電話で見えないからという、甘えの典型的なパターン。

  会話は目を見て、話す。
  電話は目が見えない。
  だからこそ、きちんと相手の話を集中して聞かなければならない。
  人間は不思議で、見えないのに、
  相手が何かをしながら電話をしているとそれがわかる。

  タバコを吸う人。
  肘を突きながら、しゃべっている人。
  他のことをしながら、聞いている人。
  言葉遣いが社内と社外で、変わる人。
  普段の会話ではしないことを、電話でもしてはいけない。

  その時になれば、出来るから。
  こんなことを言う人もいる。
  しかし、普段の努力が結果としてでるのが人間。
  ここぞという時の臨機応変さは日々の努力から、なる。
  日々鍛錬せよ。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-25 00:00 | 社長的考え:番外編インド
Intercontinental The Grand NEW DELHI
  
  本日、インド最後の宿泊先、
  Intercontinental The Grand NEW DELHIへ。

  空港から車で約30分。
  大きな建物は、28階まである。
  インドで28階というと相当高い。
  この近くは政府施設関係も多く、道もきれいだ。
  部屋からはデリの夜景が一望でき、
  すぐ近くのデリー駅がまた良い味をだしている。

  車で門をくぐると、太鼓の音が鳴り響いていた。
  運転手に聞くと、ちょうど結婚式の最中だとか。
  大勢の人が、
  新郎と新婦を取り囲み入り口の方へとゆっくりと歩いていく。
  洋服でなく、インドの民族衣装で歩く二人の姿は美しかった。
  二人だけでなく、見ている私を含めて幸せになる気分だった。

  ドアをあけ中に入ると、そこは圧倒させられる大きなロビー。
  そのまま前進すると、受付。
  受付で声をかけるとすぎに、22階へと案内される。
  静かで、お茶を飲み、座りながらのチェックイン。
  ちょっとしたところが、心をくすぐる。

  機内食の晩飯を我慢をした私は、もう腹ペコ。
  部屋に入りすぐに、レストランへと向かう。
  レストランは4つある。
  オリエンタル料理のWORKS。
  タイ料理のBlue Elephant。
  西洋料理のThe Grill。
  そして、インド料理のBaluchi。


  やはり最後は、インド料理レストランへ。
  ここのインド料理レストランは、
  インド内でいくつもの賞を受賞している。
  その名誉に合うだけの、レベルだ。

  本日のメニュー。
  ラッシー
  ヨーグルト
  豆カレー
  チキンカレー
  マトンカレー
  ポテトカレー
  エビカレー
  ガーリックナン
  ライス

  最後の晩餐に相応しい、素晴らしいインド料理であった。
  この旅行の中で、一番美味しかった。
  辛すぎず、辛くなさすぎず。
  辛ければ、ヨーグルトを入れて中和することもできる。
  ガーリックのナンも、
  香ばしく運んでくるときからガーリックの香りが漂う。
  雰囲気もよく、生演奏で聴く音楽がまた良い。


  機会があれば、ぜひ、プライベートで来たい。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-25 00:00 | 社長的グルメ:番外編インド
電話
 
  電話での対応ほど、人の気持ちを変えるものはない。
  電話したときに、相手が自分の名前を言わないのは私は嫌いだ。
  こちらが用件を伝えても、名乗らないのは失礼だ。
  さらにこちらから名前を聞いても、
  すぐに答えないのは無礼極まりない。
  社会人としての基礎マナーも出来ていない。

  電話はただの電話と思ってはいけない。
  全てが仕事に関係しており、全てが重要だと思わなければならない。
  そして全てが売り上げにつながり、全てが自分の給料に関係してくる。
  よって、自分の仕事の途中で電話をとったら、
  その電話対応は最後までやり通すのが義務だ。

  それだけの“責任”を持つわけだから、名前を名乗るのが当然だ。
  誰だかわかない人に、大切な用事なんて預けられない。
  まして顔も見えない、電話なのだから。
  相手に安心を与えて、信用を得なければならない。
  全ては仕事のために。

  責任逃れをしようとしている人。
  顔が見えないことをいいことに、中途半端な対応をする人。
  早く自分の仕事をしようと、横柄な対応をする人。
  タバコを吸いながら、対応する人。
  どれも最悪だ。

  わが社では、以下のように心がけている。
  「ありがとうございます。○○(社名)、内田です。」
  挨拶、社名、名前は必ず言え。責任持って、電話に出ろ。

  「○○(社名)の川島様、いつも大変お世話になっております。
  佐藤でございますね。ただいま変わります。」
  先方の会社名、担当者名を復唱せよ。
  そして自社の担当者の名前も復唱せよ。
  面倒と思う人が多いが、これはかなり効率的になる。
 
  ・自社の担当者に心の準備ができる
  ・自社の担当者が資料の準備ができる
  ・保留時間が短くて済む
  ・お客様は待たされずに、気持ちが良い
  ・自社の担当者以外の人も用事があれば、伝えることができる
  ・よって良い仕事ができる

  もちろん、この他にもたくさんのメリットがある。
  しかし、デメリットはないはずだ。すぐに実行するべき。

  朝11時ぐらいまでなら、「おはようございます。」
  爽やかに対応すれば、お互いが気持ちよい。
  時間は待ってくれない、早くから会社に活気を出す方法の一つ。

  ベルが3回以上なってしまったら、「お待たせしました。」の添え言葉。
  そんなに待ってないんだけど...
  それを相手に感じさせる。思わせる。
  そんな謙虚な気持ちが大切。

  保留で15秒以上待たせるのは厳禁。
  電話での1秒は1分だと思え。人は待たされるのが嫌いだ。

  「内田が承りました」
  はじめに一回名前を言っても覚えてくれていない。
  内容を聞いたら、再度名乗れ。

  先方が電話を切ったのを確認してから、切る。
  切るときは受話器を直接おかずに、
  自分の指で一度切ってから受話器を置く。

  このようなことが、自然に出来るようになればGOOD。
  ちょっとした気遣いが、人を喜ばせ、会社を円滑にさせる。
  あなたは、できますか?
[PR]

by lovelygken | 2004-10-24 00:00 | 社長的考え:番外編インド
Trivandrum
  Dehli、Argra,、Munbai、BangaloreそしてTrivandrum。
  本日南国のTrivandrumへ。


  ヤシの木が一面。
  ヤシの木が太陽に向かって伸びている。
  ヤシの国と行っても良い。
  ヤシの実の輸出も多い。
  ヤシの実からお酒もつくっている。

  他の場所とは全く違う。
  時間がさらに遅く感じる。
  空港から降りて、すぐに違いがわかる。
  近代的でなく、昔を残している。
  疲れた体に、最高な場所だ。

  ホテルにチェックイン後、すぐに海へ。
  刻はすでに、3時過ぎ。
  運転手を呼び、ヤシの木の道を通り過ぎていく。
  窓を前回にして、外から入ってくる風。
  インドの風。
  他の市では排気ガスが多かった分、思いっきり味わう。

  30分ほど車に乗っていると、いよいよ海。
  細い急な下り坂をゆっくりとおり、数多くある商店を横切る。
  現地の人と何回も目が合う。
  この時期はシーズン前で、外国の観光客が珍しい。
  車からおり、靴を脱ぐ。
  やはり、海は裸足だ。

  足がかかとから、砂につく。
  砂がキメ細かく、やわらかい。
  指と指の間にも、砂がはいり気持ちよさが増す。
  一歩ずつ歩きながら、しっかりと足で砂を感じる。
  仕事の合間に来る、海はまた最高だ。

  湾曲になっているこの海は、波がキレイだ。
  3mぐらいの波が立ち、すぐに崩れる。
  細かい水しぶきが舞う。
  霧雨かのように落ちる前に、また新しい細かい水しぶきが飛ぶ。
  その波に向かって走る。

  覚えたてのドルフィンスルーをしながら、少し沖へ。
  多数のインド人、西洋人が楽しんでいる。
  沖から見る、岸がまた良い。
  浜辺で気持ちよく、寝ている人。
  小波に追いつかれないように、走り逃げる子供。
  手をつないで嬉しそうに歩く、恋人たち。
  皆が幸せ。

  海からでて、休憩後夕食へ。
  もちろんこのビーチサイドだ。
  Hotel Sea Face。ちょっと珍しい英語だが、
  このテラスが真正面に位置をしており絶好の場所。
  もう少しハイグレードなホテルもあっても良さそうだが、
  これがまた良い。

  料理は、
  カラマーリのフライ
  ロブスター
  ココナッツカレー
  ガーリックナン
  ココナッツライス

  どれも普通に美味しい。
  ピンとくる料理はなかったが、それで良い。
  綺麗な夕焼けが、美味しいのだから。
  食べながら見る目の前の夕焼け。
  皆がその夕焼けを見ている。

  ゆっくりといつの間にか、陽は落ちる。
  暗くなり、違った世界が始まる。
  電灯がつきはじめ、人も少なくなっていく。
  打ち寄せる波の音だけが、聞こえてくる。
  目を瞑って、リラックス。

  最高に良い気分だ。

  この余韻のまま、ホテルへと戻り就寝。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-24 00:00 | 社長的グルメ:番外編インド