人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

月収52万でも3分の2は消える…予算政府案で換算

月収が52万円あっても、3分の2は過去の借金の返済と仕送りに消え、
毎月40万円近くを新たに借金し続ける。

24日に決まった2005年度予算政府案の歳入と歳出を、
平均的な勤労者世帯(年収629万4000円)の毎月の家計に当てはめると、
国の財政が、通常の家計では考えられない危機的な状況にあることがよく分かる。

国の税収(44兆70億円)とその他の収入(3兆7859億円)の合計を、
月収の52万4500円に置き換えてみた。

夫婦が苦労して稼いだ収入は、
住宅ローンなどの返済(国の予算では国債費)と
田舎への仕送り(地方交付税など)で3分の2以上が消え、
家族が生活費(一般歳出)に使える分は14万5500円しか残らない。

支出を切り詰めようとしても、
医療費(社会保障関係費)の伸びが止まらず、
子供の授業料(文教・科学振興費)や
台所のリフォーム費(公共事業費)などが加わって、
出費額は月収を37万7400円も超えた。

不足分はカードローン(国債の新規発行)で賄うことにするが、
ローン残高(国債発行残高)は計7090万円に膨らむ。

読売新聞より
[PR]

by lovelygken | 2004-12-24 15:20 | 社長的考え
忘年会

 昨晩、会社の忘年会。
 
 やっぱりイイですね。忘年会は。
 なんだかんだと色々あったりするけど、皆で盛り上がって。


 いつもシャベラナイ社員
 いつもシャベル社員

 いつも遅刻をしている社員
 いつも時間厳守な社員

 いつもクソまじめな社員
 いつもふざけている社員

 いつも挨拶ができない社員
 いつも挨拶ができる社員

 いつも考えすぎる社員
 いつも考えすぎない社員

 いつも要領のイイ社員
 いつも要領の悪い社員

 いつもキャラ的に損する社員
 いつもキャラ的に得をする社員

 皆、我が社員
 皆が頑張っている社員
 会社のために 家族のために 自分のために

 いつまでも一緒に
 いつまでも守っていきたい

 そして一緒に成功の味を噛みしめさせたい
 そこには素晴らしい場所が待っているから

 ガンバレ!

 
[PR]

by lovelygken | 2004-12-21 12:29 | 社長的グルメ
変化

 成長する。儲ける会社とは?

 おはようございますぅ。
 7時からの会議がようやく、終了。
 腹減った。

 本日、日経新聞一面の「新会社論」にて良い記事が載っていたので、
 それについて。多少、今まで述べている事柄とダブル内容ですが、ご了承を。

 会社=人は、成長する
 成長していませんという人もいるので、変化するという表現の方が良いかな?
 良い方向に変化する人もいれば、
 悪い方向に変化する人もいる。
 変化してません!と思っている人、ほんのわずかでも変化しています。
  
 「批判を変革の原動力にする」
 セブンイレブンの変化は著しい。トップの柔軟さが非常によくわかる。
 そして世の中、誰の声が一番強いのかを十分に認識している。
 起業をしよう、もしくは既にトップにいる方には是非、 
 セブンイレブンの本を読んで欲しい。
 
 大きく成長していくと嫌でも目立つようになり、たたかれる。
 これ、当たり前。 
 成長すれば成長するほど、世間に対する影響力が強くなるからだ。
 当初は目をつぶっていたところでも、 大きくなれば注意せざるを得ない状態だ。
 そして、注意をされたところでの対応をきちんとカツ迅速にやらないといけない。

 セブンイレブンは、それらをやってきた。そして、今もやっている。
 人は本来、軌道に乗ったり、十分に成長したなと思った時点で
 変化が鈍くなる。
 なにしろ、苦労に苦労をかけてようやく成長したもんだから、
 ”安定”を望む。
 安定を望めば、必然に変化は鈍くなるものだ。

 セブンイレブンは、注意を受ければそれらを前向きに素直に受け入れる。
 深夜営業が売りの企業に対して、
 「コンビニの深夜営業は犯罪の温床」だと言う東京都知事。
 発想の転換がない企業であったのならば、規制を受け入れたのかもしれない。

 配送が絶対に必要な企業に対して
 「渋滞の元凶は配送回数が多いからじゃないのか」
 とお叱りの声を貰う。
 普通の企業であれば、国の道路事情だからとか、
 出店場所そのものを検討などなどの言い訳が出てきそう。

 しかし、ここは違った。
 一日平均70回の配送を、9回へと引き下げた。
 もちろん、質は劣らずむしろ上がっている。
 これだけ改善すれば、誰もがわかるように
 経営事態もよくなった。
 
 「努力はコスト削減と効率経営に直結した」
 素晴らしい言葉だ。
 素直に、正直に、誠実に、実行をしていれば
 利益は後からやってくる。

 皆の声を何も、聞かんと自分の利益だけに走ってしまうような企業=人
 では、絶対に良い方向への変化はない。
 これは、絶対に断言できる。
 イットキの変化はあっても、それらは悲しくもモロクそして、無残に崩れ去る。


 この発想で生きていけば、女性も後からついてくるのか!?(笑)
[PR]

by lovelygken | 2004-12-20 12:11 | 社長的考え
にっぽん

 やっとですか。
 我がにっぽん、ようやくリストラです。
 先ほどの産経新聞からのニュースです。こちらニュース


 以前に独立で述べたように、日本の根本そのものが崩れ、変わろうとしている。
 今後は、自分で生き抜く力を身につくようしなければならない。
 この生き抜く力は、私のブログを読んで実行していれば、
 多少できるようになるかも。(笑)
 グルメでなくて、考えですよ!(爆)

 日本は、財政赤字。
 どれだけ、財政が赤字なのかというと...こちら→財政赤字
 うーん。それでも、ピント来ない方。

 03年度の予算でいくと、日本国の収入が45.4兆円。支出が81.8兆円。
 合計、36.4兆円の不足ということだ。
 これが積み重なっているのが、先ほどの財政赤字のカウンターだ。

 これをもっと身近に一般家庭に置き換えてみると、
 年間手取り収入454万円の人が、年間818万円を使っているということになる。
 毎年、364万円の借金を新しく抱えていることになる。
 ちゅうか、ガキでもこんな金の使い方しないよねぇ。(笑)

 毎年、364万円をどっから借りているのよって、感じですが、
 我が日本国は、国債というのを発行しています。
 これは借用書みたいなもん。
 日本という“信用”で、金を貸してくれよと言っているのです。
 年率○%の利息を払って、○年後には返すからさ。と。

 でも、先ほどの364万円を毎年借りている人に、イッタイ誰が金を貸すわけ?
 ってな感じなのです。
 実際は、金利も上昇し日本の国債はちょっとした人気?
 みたいにはなっていますが。
 日本国民やら、外国の方々がその国債を買うことによって、
 日本にお金を貸しているんですよ。

 あと疑問として出てくるのが、 いったい何につかっているのさ?となるわけよ。
 現在形もそうだが、過去も何に使っていたのさ?も大切。
 それで、今、色々と不祥事が出てきているのね。
 だから、方向性としては改善しようとしているというのは、わかります。

 これらを解消するには、
 ・支出を減らす
 ・収入を増やす
 の2つしかないのです。もちろん、同時が一番良い。

 そして、支出を減らすということは、
 公務員の削減もそのうちの一つになるということ。
 これから公務員くん、頑張ってくなはれ。
 それでも今期の冬ボーナスは増えていたようですが...(怒)
 私からすると、公務員の皆さんは私達の税金で食っているので、
 すれ違う人皆に、ありがとうの挨拶でもするべきデスね。
 不祥事なんかがでると、国民に土下座でもしろ!!ですね。(興奮)
 未だに、昔のお役人根性があるから、アホだ。

 収入を増やすというのは、税制を増やすということ。
 でも、今、日本って目先的な税制収入しか考えていないような気がする。
 目先的な、小手先的な事をやっても、結局悪化するのよ。
 会社って。日本国も会社だと考えれば、ここはドーン!!とやるしかない。
 前よりかは考えがよくなったもののまだまだですよね。 

 日本国も、日産みたくトップに外人を起用して、
 立ち直ろうとする時期が近いのか!?(笑)
 
[PR]

by lovelygken | 2004-12-17 17:03 | 社長的考え
産経新聞より
国家公務員を1割削減 独立法人もスリム化 新行革大綱

 政府が今月二十四日に閣議決定する「今後の行政改革の方針(新行革大綱)」案の全容が十六日、明らかになった。国家公務員の定員10%(三万三千人)以上の削減を目指し、国立青年の家や国立少年自然の家など十六の独立行政法人を六法人に統廃合することなどが柱。改定は四年ぶりで、今後五年間の方針を示すもの。政府は新行革大綱に従って「小さな政府」の実現を目指す。
 新行革大綱は(1)政府と政府関係法人のスリム化(2)行政効率化の推進(3)規制改革の推進(4)公務員制度改革-など八分野で構成される。
 社会保険庁改革や法務局などの支局・出張所の統廃合を進めるとともに、インターネットなどの活用で「内部管理業務の定員三割削減を目指す」と宣言。こうした改革を通じて国家公務員の定員10%削減を実現する一方、治安や徴税などの部門の人員を手厚くする方針だ。このため省庁の枠を超えた配置転換も想定している。
 独立行政法人については、消防研究所や農業者大学校を廃止。研究・教育関係の二十五法人の約八千三百人の公務員の身分を非公務員に切り替える。この結果、民間企業と人事交流を行う際の事務手続きが簡素化され、大学や民間研究機関との人事交流が進み、研究活動の活性化などが期待できる。
 また、公用車は平成二十五年度までに約六百台を削減し、通話料金が安いIP電話を導入。各省庁は毎年、十二月の予算案決定後にこのような行政効率化の取り組みや実績を国民に公表する。

 【新行革大綱案骨子】
■政府・関係法人スリム化 
  平成17年度から5年で10%以上の国家公務員の定員削減
  ▽農業者大学校など16独立行政法人を6法人に統廃合
■行政効率化の推進 25年度までに公用車約600台削減
  ▽各府省は予算案決定後、取り組み実績を国民に公表
■規制改革の推進 新法を含め市場化テストの検討、整備
■公務員制度改革 早期退職慣行の是正
■公益法人改革 登記で簡便に法人を設立できる一般的な非営利法人制度を創設
■行財政制度改革 事業の廃止・縮減などで特別会計を見直す
■電子政府・自治体 申請数の多い手続きのオンライン利用促進
■地方分権の推進 市町村合併を推進
[PR]

by lovelygken | 2004-12-17 16:22 | 社長的考え
汐留 GRAND CHINA

 本日、汐留D4 TOKYO GRAND CHINAへ。

 今週2度目の汐留ランチ。
 ここは、汐留シティセンターの41Fにある中華。
 黒と濃い木彫をベースとした雰囲気の41F。
 41Fはこのほかにも、数店舗あり。
 42Fは、2店舗のみが入っている。

 中華の味は普通とイッタ感じでしょうか。
 特に感動するような、料理はございませんでしたよ。
 昨晩の「どっちの料理でしょう」なんて、観てしまっていたもんだから、
 鮑やらフカヒレが食べた~い!!なんて、思っていたんですが...(笑)

 41Fとあって確かに景色もスゴイ。
 だけど、方向がねぇ。
 皇居の方角になっているので、観て楽しむモノがない。
 夜はイイかも。
 反対の海側が見れるレストランの方がイイ景色であろう。

 この手のタワーは多くなっている。
 景色もはっきり言えば、高い位置から見ればそれなりどれもイイ。
 となると勝負は、味と店の雰囲気とサービス。
 このシティセンターはちょっと、遅れて開発されたせいか、
 独自の何かがないような感じがしますねぇ。
 それがわかっているかのように、客入りもちょっと少ないような気がします。
 
 42Fへは行っていないので、断言はできませんがね。
 まっ、それでも素敵な景色が見れて、イイことは確かです。
 ただ、他のタワーと比べていかがなもんでしょう。ということですね。

 一応、ご報告までね。

 こんなコメントするとういことは、先方の接待は失敗か!?(爆)

 
[PR]

by lovelygken | 2004-12-17 15:47 | 社長的グルメ
誠実

 誠実さが足りないばかりに、物事がウマクいかないケースがある。

 本日、中国子会社より月次の財務諸表が手元に届いた。
 昨晩の酒を抜くためにも熱い紅茶を飲にながら、資料に目を通す。
 (私はコーヒーが飲めない。DNAが受け付けないのだ。)
 すると疑問が出てくる項目が。

 財務諸表というと、なんか堅物でとっつき難いが
 ちょっとルールと用語を覚えれば 人によってはかなり楽しくなる。
 とにかくお金を使った理由が全て、ここには載る。
 疑問が出てきたのは、Aという項目。
 A項目の金額が減少。本来、この減少は喜ぶべき。
 減少すればその分利益がでるので。会社は儲かっていることになる。
 しかしながら、それまでの経緯がある。

 どう考えてもAが突然減少することはない。
 そこで別の項目を見てみる。
 やっぱりあった。別の項目Mが急増。
 先月まではAという表現方法だったのに、突然Mという表現方法へ。
 これはどう考えてもおかしい。

 1つの嘘をつくのに、30の嘘が必要になる。などという映画があるなぁ。
 お金にマツワル事柄は誠実でなければならない。
 お金に関することは、全て。
 少しでも疑わられるようなことがあれば、そこから先の信用はなくなる。

 現地に連絡。
 突っ込んで聞いてみると、出てきました。
 もう一つのイケナイことが。
 Zという事柄を隠すために、Aという表現方法ではヤバイと思ったのか
 Mという項目にしたという。

 アホか。(怒)

 西武鉄道。
 株主に対する誠実さが全く足りていない。
 会社を再度上場させようと考える、経営陣の気が知れない。
 そしてそれを受け入れようとする側もわからない。

 上場会社には情報を公開をする義務がある。
 上場をするということは、個人会社から公の会社になるということ。
 自分一人の会社であれば、好き勝手にやっても、
 結局自分一人に跳ね返ってくるのでそれはまだヨシとしよう。
 しかし、上場会社は違う。その他大勢がいるのだ。
 
 初めて会った異性と突然付き合いますか?
 お見合い、特別な人を除けば普通はないはず。
 色々と”知って”自分で”納得”したうえで、付き合うはず。
 付き合ってみて、その異性が実は嘘をついていたらショックでしょ?
 重要な事であれば、その後も付き合うかどうかも考えるはずでしょ?
 付き合う前にどうして言ってくれなかったのかと、思うでしょ?

 付き合うか、付き合わないかの判断。
 その株式を買うか、買わないかの判断。
 判断となる大切な情報を誠実さを持って伝えてもらえなければ
 誤った判断になってしまう。

 彼らは私に嘘をついた。
 そして私が気付かなければ、そのまま嘘を突き通そうとしていた。
 私は判断ができた。
 やはり、今後も彼らを疑わなければならないことを。
[PR]

by lovelygken | 2004-12-16 11:00 | 社長的考え
汐留 BICE

 本日、ランチ接待で汐留カレッタBICEへ。

 接待ランチと称して、自分が食べたいところへ行く。
 職権乱用ですなぁ。(笑)
 幸いにして、天気が良い。
 47階にあるここは、東京が一望できる。
 
 レインボーブリッジ、お台場から東京タワー。
 太陽の光が水面にあたり、眩しく跳ね返ってくる。
 エレベーターで46階への直通へ乗る。
 ここでいったんおりて、もう一つ上の階へ。
 階段もしくは、ちょっとしたエレベーターで。
 このフロアには数店舗が入っている。

 階段であがり、右手にこの店がある。
 丁寧な声色で、「いらっしゃいませ」という言葉。
 予約名を言い、コートを預ける。
 窓際の席。
 えーですなぁ。

 昼間っからこんな雰囲気にやられてどうするんだぁ?
 と、自分で突っ込みながらもメニューを。
 日本には珍しい、ベジタリアンコースが!!
 外食が多いし、これにしますか!
 お客様方(おじさんね)も、納得し皆これで。

 本日のメニュー。
 
 シェフきまぐれお通し:たまねぎの煮込み料理
 ポテトと空豆のトルティーノフレッシュトマトソースを添えて
 ボルロッティ豆と様々な野菜のミネストローネ
 野菜のカポナータを詰めたラビオローネ ブロッコリーソースを添えて
 米ナスのビステッカ ペコリーノチーズ、バジリコ、トマトを詰めて
 ネクタリンのフィロ包み ブルーベリーのシャーベットと共に

 でござんしたぁ。
 なにやら、暗号文みたいになっていますが(笑)、
 美味しかったですよ。

 ストレスをこんなところで、発散する私。
 夜は絶景なんだろうなぁと、また来たいと思いながら
 退散。
[PR]

by lovelygken | 2004-12-14 16:40 | 社長的グルメ
忠誠心

 最近、この忠誠心ということばが気になった。
 そこで、辞書。

 ちゅうせい 【忠誠】
 まごころ。また、まごころをもって尽くすこと。 

 まごころ?
 
 まごころ 【真心】
 他人のために尽くそうという純粋な気持ち。
 偽りや飾りのない心。誠意。

                        いずれも三省堂提供「大辞林第二版」より

 先に、一人で納得。

 他人のために尽くすというのは、並大抵ではできない。
 また今までこの人のためにしていたのに、
 突然こっちの人のためにヤレ!といわれてもできるわけがない。
 そういう意味では、私はまだ未熟だ。

 私は今年の2月から、この会社に代表取締役として就任。
 今まで、この会社には常勤の社長はおらず、
 No.2がひっぱって頑張ってきていた。
 よってここの社員は、ほとんどがこのNo.2が連れてきた社員。
 彼らは彼の言うことをよく聞くし、彼の行動をよく見ている。
 子供は親を見て育つとはよくいったもので
 彼がこうしているのなら私もそうして良いと思っている。
 でも、これ当たり前。

 私と彼とでは、経営のやり方そのものが違う。
 根本的に違う。

 私はこの会社に来るときに、2人の友人を連れてきた。
 類は友を呼ぶ。
 これまたよくいったもので、この3名は仕事っぷりに関しては同じ考え。
 この2人も私のことをよく聞いてくれるし、叱ってくれるし、
 私の行動をよく見ている。
 そして、この人がそうしているのなら私もしなければと思っている。

 引継ぎは大変なもので、これがまして会社そのものとなると本当に大変だ。
 それまでの社風を変えてしまうわけだから。
 悪いとは言わない。
 しかし、トップが変わるということは会社の考えも変わるので、
 それに社員も着いてこなくてはいけない。
 いや、私が引っ張っていかなくてはいけない。

 No.2が24日を休むと言ったのをきっかけに、他の社員も休むことに。
 結局この日は、私と私の友人2名の合計3名だけが出社。
 感情的にこんな日に働いてくれる社員は評価しようと思ってしまう一方で、
 こんなことで評価をするなんておかしいと自分に言うもう一人がいる。
 もっと冷静になれと。

 仕方がないので、
 この2人には社長サンタから密かなプレゼントをしようと決めている。
[PR]

by lovelygken | 2004-12-14 12:27 | 社長的考え
ギャップ。

 人はギャップがあると、それに対して感動、関心をするもの。
 その逆もしかり。

 ビジネスをやり始める際の基本は、このギャップだ。
 日本だと高いけど、中国だと安い。
 中国で仕入れて、日本で売る。
 価格のギャップ。

 日本にはあるけど、米国にはない。
 日本のものを、米国に売る。
 商品存在のギャップ。

 同じ商品だけど、Aで買うよりもBで買った方がお得。
 これもギャップ。

 日本には、あって中国にはないもの。
 サービス。
 これもギャップ。

 鶏業界では、病気の鶏でも卵を産ませてそれを売る。
 でも、一般常識からするとそれって、恐いよね。
 これも、ギャップ。

 肉業界では、肉の情報を示す表示を虚偽するのが当たり前。
 でも、私たちからするとそれって、非常識だよね。
 これも、ギャップ。

 目に見えるものから、目に見えないもの。
 全てにおいて、ギャップがあればそれはビジネスチャンスとなる。
 このギャップが大きければ、大きいほどそのビジネスチャンスも大きい。
 大きいということは、売上拡大ができ、経営の仕方で利益も十二分にだせる。

 会議で聞きたいけど、これを知らないのは私だけ。  
 なんだか恥ずかしいから、聞けない。後で聞こうっと。
 これって、他の人も必ず考えていること。
 皆は同じ人間。
 一人が分からなければ、他の人も分からない人が多い。

 ビジネスもこれに似ており、
 ここにあの店があったら、イイのにぃ。
 この商品、こうだったらもっとイイのにぃ。
 こういった商品があったら、便利でイイのにぃ。
 そう思ったら、必ず同じことを考えている人はいるもの。
 だから、思い立ったらそく、実行です。


 人もそうなのでは?

 Aくんって、会社ではおっちょこちょいで頼りなさそうだけど、
 実はそうじゃないの。すっごくしっかり者なのよ。
 なんだか素敵。

 Bさんは、うるさくて堅物だけど、
 実は気が弱くて、甘えん坊なんだよねぇ。
 女性らしさが見えて、かわいいよねぇ。

 人でいうと、このギャップがあればあるほど、
 その人に対する魅力があがるのでは?
 そして自分がそう感じたら、他の人もそう思っているはず。
 とりあえず、アタックしてみた方がいいんじゃなぃ?

 夜のビジネスもしかり。
 だからコスプレって、あるんじゃないでしょうか?(笑)
[PR]

by lovelygken | 2004-12-13 11:15 | 社長的考え