人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

叔父

 叔父が亡くなった。
 
 私の父はマージャンが大好き。
 未だに、家族団らんでやったりする。
 若い頃は血が濃かったのか、ケンカになるまでやっていたそうな。
 そんなマージャン好きなんで、沢山の人とも出会った。
 その一人が、亡くなった叔父。

 学生の頃からの友人で、二人はいつもマージャンをしていた。
 学生だったので雀荘に行くことはなく、どちらかの自宅でしていた。
 いつもマージャンをしていた、自宅。
 どちらかというと、叔父のところへ行く機会が多かったんではないかと。
 そこへ一人、お茶を持ってくる女性がいる。
 
 その女性が、私の母。
 そして父は、まさか自分の友人の妹と結婚するとは思わなかったはず。

 その時から父は気に入っていたそうな。
 この女性は素敵だと。
 腰まである長い黒髪に、スレンダーな体であった母。
 今ではとても想像もつかない。(笑)
 元気で明るかったところに、惹かれたと父は言う。

 日本に帰国してから、私はよく叔父の家に泊まらされていた。
 私、本人が泊まりたいと言っていたと言うが、
 今を思えば、叔父には息子がいなかったからなんではないかと。
 叔父には娘一人しかいなかった。
 そんな私は、泊まりにいくと、いつも叔父と叔母と一緒に遊んでいた。
 外で遊んだり、実の父にも連れて行ってもらったことがない
 後楽園なんかにも一緒に行ったのを覚えている。

 風呂にもはいり、布団で一緒に寝たりもした。
 朝起きて、二階から一階に降りたときのストーブのニオイが懐かしい。
 私の家にはない、温かさがここにはあった。
 大晦日も一緒に過ごした記憶がある。
 紅白を一緒にみては、叔父があーだこーだと文句を言っていたのを思い出す。

 背は170ちょっと超え。
 黒髪に白髪がちょっと混じっている。
 顔はシャープな形をしており、目は一重。
 中肉中背に、ヒゲが濃かった。
 よく、そのヒゲで顔をこすられて痛がった私。

 タバコが大好きで、一日2箱は吸うヘビースモーカー。
 そのタバコが原因で、癌に。
 一度摘出するも、1年後にはサイハツ。
 1ヶ月前に再度入院。
 私が見舞いに行ったときは、相変わらずの冗談をいういほど元気だった。

 そんな叔父が細くなって、動かなくなってしまった。
 冷たくなってしまった。
 もう、その口からは冗談を聞くことはもうない。
 今の私の中にも、叔父が存在する。
 これからもずっと。

 そして、どうなるかわからない人生。
 私はより熱く生きて行こうと思った。
 
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-31 12:44 | 社長的考え
丸ノ内 東京會舘

 お疲れ様です。
 ちょっと風邪気味な私。今週一週間は非常に良い週でした。
 そういえば、昨年した占いでは、
 1月の下旬以降から1年ぐらいはビジネスが絶好調とのこと。
 そんな小生は、占いマニアではありませんよ!(笑)

 さてさて、本日のランチは接待ランチ。
 される側で。
 丸ノ内にある東京會舘
 東京會舘は、2回にあるフレンチのプルニエです。
 この東京會舘は証券マン時代は、よく接待しに来た。
 そんな私がされる側になっているというのは、なにか面白い。

 はっきり言って、ここはオッサンの場所だ。
 若年層の支持はないでしょう。
 じゃぁ、なぜ紹介するのさって感じですが、
 一応上場もしているし代表をするところなんで。
 ということで、ご勘弁を。

 まぁ、そんなうるさいオッサン達が集まる場所なだけあって
 サービスは良いです。
 きめ細かい。
 しかし、これが若い人だけでいくとちょっと変わったりする。
 前に、車を正面玄関の前に乗りつけたらエライ怒られた記憶がある。
 
 會舘:「ちょっとこの辺りに止めると困るんだよねぇ」
 私:  「でも、他にも沢山とまっていますよ。」
 會舘:「他は皆さん、お偉いさんだから。あなた達はこまります。あっちへ行って」

 マジ切れしました。
 まぁ、あれ以来行ってなかった東京會舘。 
 高飛車ですなぁ。
 ちなみに、止まっている車は皆、黒塗りの車。
 その人たちこそ、邪魔なんでなぃ?

 と、ダイブ批判になってしまいましたが、
 肝心のランチはというと...
 美味しかった。
 コースではなく、アラカルトで頼みましたよ。

 メニューはしっかり覚えてませんが。。。
 
 本日の野菜スープ → トマトクリームスープ
 サラダ
 アンコウのムニエル
 パン

 私、トマトクリームのスープ好きなんです。
 味と担当をしてくれた、人はよかったデス。

 ただ、過去にそんなことがあったからねぇ。
 目先のことしか、考えていないんですわ。
 そんなことじゃ、アカンです。

 あのときもっと好意的に対応してくれれば、
 今の私の立場で利用できるんですけどねぇ。

 
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-28 18:01 | 社長的グルメ
時の流れ

ここ最近、電気関係メーカーの予想より下回る減益が等が目に付く。
 
 どれも理由は似たことばかり。
 「予想以上に販売単価の下落が進んだ」
 基本的には数量が出れば出るほど、
 製造がより効率的になり全体的な単価をさげることができる。
 しかしながら、その予想を上回るスピードで進んでいるという。

 もちろん、他の要因もあるのでツッコミはしないでくれぃ。

 なぜ、「予想以上」という単語が出てくるのか。
 それは各メーカーの自販力が限りなく弱くなっているからだ。
 今までのメーカーというのは、各小売店を保有もしくは系列店を持っていた。
 今でも見かけるが、昔は各メーカーの小売店が
 どの繁華街でもあったと思い出すことができる。
 
 このころは、各ニーズをうまく吸い込み、
 新開発へと進み、新製品投入、利益へとなった。
 今、量販店がこの役目になってる。
 しかしながら量販店の店頭にたっている店員はメーカーの社員でもなければ
 その量販店の社員でもない。

 量販店専門の派遣会社があり、
 そこが現在ほとんど全国の量販店に派遣をしている状況。
 システム的には各メーカーに顧客のニーズが流れるようにはしているが、
 心構えが小売店の時と違う。
 自分の生活がかかっている個人小売店と、
 バイト、派遣できている人では意識が違う。

 肝心になるような情報が入ってこなくなる。

 結論、結果を端的にまとめて報告するのも良いが、
 実はその全体的な流れを把握するのが大切。
 売れ筋といっても、どの程度の売れ筋なのかを。
 売れていないといっても、なぜ、どれくらい売れていないのかを。

 デジタル家電は今後、より一層低価格路線へと走っていく。
 5年後には現在よりも、半値の商品もざらに出てくるだろう。
 その頃から、
 再度「量販店の存在意義」がもう一度問われてもおかしくないであろう。
 より安く、より良いもの、より早い情報収集、より良いブランド力・・・・
 これらを考えていくと、量販店に商品を流しながら、
 自販力、 直接の店舗を持つことを検討するところがあるかと。

 世界でもっとも卸会社多いといわれる日本。
 商社という会社も世界的にみれば、珍しい形態。
 会社である以上利益を追求する。
 その分、消費者は高いお金をだすこととなる。

 何が良くて、何が悪いかというのはその時の流れ。
 その時の流れに上手く順応しなくてはいけないのが、企業。
 私のいる業界も5年後、10年後にはとてつもなく変わるだろう。
 その時のためにも、土俵のど真ん中で勝負できるようがんばる!(苦境より)

 さて、本日は金曜日。
 週の締めとして、良い日になるようヤリマスか。
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-28 09:13 | 社長的考え
環境

 皆さん、お疲れ様です。
 本日も充実な一日を過ごした、ジーケンです。
 この調子はいつまで続くんだぁ?

 今日は子会社である、中国のトップと最後のツメをしてきた。
 完全に子会社とは言え、自由に行かない面がかなりある。
 当初、私がここに来た時はそれにびっくりした。
 親会社のトップの言うことは、普通をすぐに受け入れるでしょ?
 でも、そうでもなかったんだよねぇ。

 ちゅうことで、昨年はずっとその改革に取り組んでおりました。
 目に見えない、水面下の仕事ですな。
 それが昨年末ぐらいから花が開き、今効果が出てきておりますな。

 子会社から仕入れる商品の仕入れ値が、べらぼうに高かった。
 だから利益が子会社にほとんど行く仕組みであった。
 連結で見れば結局黒字なので良いという発想。
 しかし私は、違う。
 それぞれに利益が出て、ナンボです。

 交渉に交渉をして、かなり叩きました。(笑)
 ちゅうかやっつけてやりました!(爆)
 これでわが社の利益率は大幅に大改善。

 みんなに売れ!売れ!と言っていた私。
 これでより良い環境となったので、私の役目とりあえず果たしのでは。
 あとはより、売りやすい環境を作っていかなければならない。

 早期黒字化には、売上も大切だが、
 オオモトである利益が変わればなおゴールは近くなる。

 ささ、ガンバンベ!
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-27 18:46 | 社長的考え
オヤジ

 私の父。

 小さい頃からのイメージは、頑固なカミナリオヤジ。
 怖くて怖くて、話しかけるのも嫌だった私。
 そんなオヤジも今では、どことなく小さく見える一方、
 まだ現役でバリバリ働いているのをみると、存在が巨大に見えてしまう。

 小さい頃から、就職活動まで一切人生について話をしたことがなかった。
 就職活動、しかも希望の就職先が落ちてから
 始めて色んな相談をすることとなった。
 以来、3兄弟の中で私が一番オヤジと中が良くなってしまった。
 各TV局を受けていた私。
 今話題沸騰の海老沢氏がいるNHKから、東京テレビまで。

 社長面接まで行き、惜しいところまで行ったのもあったが結果、墜落。
 何をしたら良いのかわからなくなった私はそこで、相談。
 どうしたら良いのだろうか?と。
 そもそも何をしたいのかが具体的になかった私は、そのまま言ってやった。
 「何をしたいのかわからない」と。

 オヤジの答えは簡単だった。
 「であれば、一番苦しい業界に入りなさい」と。
 今、一番苦しい業界は何?とうい答えもあっさり、
 「金融業界だ」
 当時文学青年(ホンマかいなぁ!?)であった私は、
 まったくわからない業界。

 金融でも、当時はずばぬけて証券が厳しい状況にあった。
 各大手企業が不祥事もだし、マスコミからも叩かれていた。
 そんな中、無事に証券会社へ入社。
 株の”か”も知らない私は、緊張とともに不安があった。
 ここで一つ大きな転換期があった。

 証券会社に入ると、まず自分で会社を調べなさいとなる。
 そして調べたのを皆に発表するという場があった。
 ここはやはり興味を持つ会社となる。
 当時まだここまでブランドが出来上がっていなかったソニーともう一社を調べた。
 そのもう一社とは、私の父の会社。
 
 上場をしている父の会社について、調べると彼の苦労が色々と分かった。
 大学時代、渡米時代、技術者時代、そして現在の経営者時代。

 オヤジとしてはイマイチなオヤジ
 しかしながら、男としてはかなりかっこいい

 そう思った私は、どことなく経営をしたいなぁとこの時、漠然と思っていた。
 そして彼のようになれたらなぁと。

 私のオヤジ、結構かっこいいんでわ。
 俳優の藤 竜也に似てます。
 とくにヒゲが!(笑)
[PR]

by lovelygken | 2005-01-26 17:28 | 社長的考え
苦境

 昨晩、私の父と晩飯をした。
 赤坂のちょっとした日本料理屋で、父は20年以上通っている。
 海部元総理なんかも、ご愛用のようなところです。
 ↑イメージしゃってください。

 ここでオヤジから、「苦境」について聞かされた。

 前の「一皮ムケル」でもお伝えしたように、
 人は苦境を乗り越えた方がより成長する。
 この苦境が深ければ深いほど、その後の伸びも高くなる。
 経営をしていく上で、2つの大きな苦境に出会うそうです。

 ・資金繰り
 ・人

 これは当たり前だと言えば、当たり前。
 会社の経営資源なのだから。(経営資源へ)
 
 物と情報は、人を大きく困らせることはない。
 しかしながら、お金と人は人を困らせる。
 会社をするにいたって、お金はないと絶対にできない。
 1円も使わないで会社経営をするというのは、ありえない。
 会社を登記する時点で、すでに費用は発生しているのだから。

 そんな肝心の大元が、なければ誰だって困る。
 「お金で悩むようになれば、経営者として一人前」という文句がある。
 確かに悩むことにより、次なる成長が期待できる。
 しかし、私はどちらかというと逆。
 「お金で悩むようであれば、社長業は勤まらない」が私の考え。
 
 社長は常に先々のことまで考えなくてはいけない。  
 お金で悩むということは、先まで考えて、予測できていなかったということである。
 会社をやっていれば、予測不能なことは起きて当たり前なのだが
 こと、お金に関しては私は違うと信じる。

 起業をする際、ただ始めていたのではダメ。
 資金繰りはどうするのか?
 仕入れはどうするのか?
 販売先はどうするのか?
 この基本を考えなくてはいけない。

 とにかく作ってまぇ~!という感覚の方ならそれはそれでイイ。
 私は石橋を叩く人なのだろうか?
 それぞれ、先が見えていないととても起業をする気にはなれない。
 とくにはじめの運転資金は非常に重要で、
 一気にドーン!と攻めたいときにカギって資金がなかったりするもの。
 それらを含め、先々を読んだ上で、準備をしなくてはいけない。

 次に会社が軌道に乗ってくると、突拍子もないイイ話が舞い込んでくる。
 これは必ずと言ってある。(本当かどうか別として)
 そして会社としてどうするかを判断するときに最も重要になるのが、資金。
 資金に余裕があれば出来るし、なければ出来ない。
 本当に良いものであれば、機会を逃すことになる。

 経営は土俵のど真ん中でやれ!
 端、とくに徳俵なんかでは絶対にやるな!

 これ、私の信念です。
 土俵のど真ん中にいれば、ゆとりができる。
 すれば、常にどんな状況にも耐えうる、変化できる。
 これが必ず強みへとなる。
 そんなことを言っている私ですが、
 自分個人のこととなると毎月ギリギリで生きています。(爆)

 最後に人。
 経営における人の苦境というのは、裏切り
 騙された。
 会社を経営している人からよく聞く台詞。
 あいつを信じていたのに、金を持ち逃げされた。

 ただ単に信じていてはダメ。
 社内のルールそして、雰囲気を作ることにより
 裏切るという行為を制御することはできる。
 100万円が札束のまま無造作に毎日机の上にあれば、
 ヨコシマな考えを持つ人が現れても仕方ない。
 しかし、きちんと金庫に入っていればそれ自体を考える人は少なくなる。
 そして、金庫の番号や鍵が遠い存在であればなお少なくなる。

 そんなことを言っている私ですが、思いっきり騙されました。(爆!)
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-26 16:33 | 社長的考え
赤提灯

 おはようですぅ。
 3日連続で、気持ちの良い日です。
 なんか、ノリノリな私。

 しゃてしゃて、グルメです。

 先日、赤提灯へ!
 1件目は、新橋にある「炉端焼き 武蔵」へ。
 新橋のオッサンの多さにびっくり!!
 なんか久しぶりにあの雰囲気を味わった。(汗)

 烏森口から徒歩5分ぐらいでしょうか?
 結構、近いところにこの店はある。
 今回の私のテーマは、赤提灯の下でホッピーを飲むこと。
 赤坂生まれの赤坂育ちのホッピーは、私とご近所さん。
 1948年から始まり、今も愛用されている。

 生産は調布でしかやっていないため、ホッピーは関東を中心でしかみれない。
 関東以外でみれたら、その店は通?
 社名もコクカからホッピービバレッジに変えてしまう。
 そしてホッピーそのものは、ほとんどアルコールがない。
 このなんちゃってビールみたいな味にアルコールを足すのである。
 そのアルコールが、焼酎となるのです。

 ぜひ、一度ご賞味ください。

 さて、武蔵です。
 木製とガラスでできたいかにも、赤提灯屋の戸!を横に開く。
 店内の客層は、圧倒的にオヤジだ。
 しかしながら、ポツポツと若い女性客も居り、
 私と同じようにこの雰囲気を味わいたいのだろうと思った。
 テーブル席とカウンター席?があり、カウンター席へ。
 
 カウンター越しには、魚介類が氷付けされておいてあり、
 自分の食べたいものを店員に告げていく。
 はっきり言って、安い。
 なのでここに来られる際は、この雰囲気を味わいに来てくださいましぃ。(笑)
 目の前でネタを焼いてくれる。

 カウンターはカップルが以外にも多く、ここで女性客がいることを確認。
 遠くのカップルが私をネタにして、話していたのは今でも気になるが
 そんなことも気にせず、ビール、日本酒へと口が進む。

 しかしながら、ここにはホッピーがない!!!

 ということで、赤提灯のハシゴ。
 目指すは、やはり有楽町のガードレール下!
 新橋からJRの線路沿いを歩き、コリドー街へ。
 さらに進み、有楽町のニュートーキョーの裏あたりへ。

 金曜日だったせいか、どこも超の満員。
 しっかりとした店がまえでなく、ビニールで寒さをしのいでいるような赤提灯屋へ。
 提灯にはしっかりと「ホッピー」の文字が。
 そして、早速オーダー。

 ホッピーと焼酎が別でやってくる。
 自分で、作れと。
 さすがは、赤提灯屋!
 料金は、前払い制。
 さすがは、赤提灯屋!
 オヤジは、きさく。
 さすがは、赤提灯屋!

 肝心のホッピーの味はというと、
 やはりなんちゃってビールですな。(爆)
 飲みやすいことは、飲みやすい。
 焼酎が好きな方であれば、ガバ呑みでしょう。

 そんなこんなで、
 ホッピーにたどり着く頃にはすっかり酔っ払い、
 体はすっかり冷え、
 心はホットであった。


 HP:  なし
 電話: 不明
 住所: 不明
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-26 11:05 | 社長的グルメ
自発

 最近、社員全体の雰囲気が変わってきました。
 より自発的に。

 特にダミだった営業マンが心入れ替わり!?
 彼の父が弊社の手伝いをしてくれることになったのがきっかけですな。 
 明らかに。

 色々とやると口で言い、紙にして、皆と話し合いをしました。

 これ、重要。
 皆の前で、言って、紙にすればもうやるしかない。
 男ならやるべ!!

 そんな彼を快く受け入れ、全力をつくしてバックアップをしていきたい。
 ガンバレ!!
[PR]

by lovelygken | 2005-01-25 18:27 | 社長的考え
汐留 古奈屋

 皆さん、お疲れ様です。
 本日は、非常に有意義があった一日であり満足な私。

 さてさて、グルメです。

 先日、汐留のカレッタに入っている古奈屋へ。
 うまい。
 私、個人的にあの味は大好きです。
 あのまろやかさ。
 ほどよい辛さ。
 えー、ですわ!

 私が何かを語る必要はありませーん。
 ぜひ、行ってくださいまし。

 あっ、もしお口に合わないようであれば、
 ジーケンはこんなモノが好きなんだと軽く認識して帰ってくださいな。(苦笑)
[PR]

by lovelygken | 2005-01-24 19:05 | 社長的グルメ
一皮ムケル

 「お前一皮向けたなぁ」

 先輩や周りから、こんなようなことを言われたことありませんか?
 どのような人がこんな言葉を頂くのか。
 それは苦しい経験をした人。
 しかし、ただ苦しい経験をした人では、ダメなんです。
 その苦しい経験の中を、自分で乗り越えてきた人になります。

 人に教わったのではダメなんです。
 人にやらせていたのではダメなんです。
 自分で考えて、自分で行動をし、自分で結果を経験しないと。

 私は、今まで何回か言われたことがあります。
 大学2年生の春に。
 私は体育会系のアメリカンフットボールに入部していた。
 しかしながら、当時1年生の私はサボりにサボった。
 できることならヤメタイとも思っていた。

 サボりたさのあまり、学校に来ていた献血センターへ。
 そこで一番量の多い献血を。
 終わってから看護婦さんに、本日これから運動をしても良いのか?と聞くと
 「もちろん大丈夫ですよぉ」とあっけない返事。
 食い下がらない私は、「でもかなり激しい運動ですよ」と言うと
 「大丈夫です」と笑顔。

 作戦がぁ~~!!
 と骨折り損状態で、部活に挑んでいたぐらい、私は不真面目と同時に
 非常に辛くて辞めたかった。
 でもなんやかんやと続けていたら、そこに楽しさを見つけた私。
 2年の春、先輩に言われました。

 「おみゃぁ、一回り大きくなったなぁ」と。
 決して、体格じゃないですよ!(寒!)
 他にも社会人3年目の時やら、前の会社にいたときにオヤジに言われましたね。
 
 より高くジャンプをしようと思ったら、
 いったん膝を曲げてしゃがみこんでからジャンプをする

 このように 
 人もより成長をしようと思ったときは、いったん後ろにさがって、
 自分を戒めないとダメということなんです。
 タリーズコーヒーの社長が、
 選択肢が出てきたときは苦しい方を選んできたかのように。

 ジャンプをするという動作にも、たくさんのことを体はしている。
 脳で触りたい目標を目視し、届くかどうかを確認。
 その上で、足腰を中心とした筋肉にどれくらいの力を出せば良いのかを指示。
 一回ジャンプをしてみて届かなかったらどうしてなのか?を考える。
 手の振りが甘かったのか、筋力がたりないのかなど。。。
 
 少なからず、 独立をしようと思っている人であれば
 辛い環境に自分を置くというのは必要。
 その中で経験することは、未来の自分のためになるから。

 私もガンバレ!
 
[PR]

by lovelygken | 2005-01-21 13:13 | 社長的考え