人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

・・・
 
 なにやら、バタバタしてますわ。
 また、更新しますんで、ご心配なく!!

 生きてますから!!


 
[PR]

by lovelygken | 2005-07-28 18:39 | 社長的日々
別会社

 皆さん、おはようございます!!
 いやぁ、台風ですわ。
 夏といえば、台風!!!タイフーン!!!意味不明

 さて、「社長的日々」ですわ。

 ようやく最後の大仕事が終わりました。
 こちらに呼ばれた任務。
 中国子会社の建て直し。
 日本親会社を軌道に乗せる。
 軌道に乗せるという意味で色々考えました。

 

その結果。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-25 12:32 | 社長的日々
夕刊フジ 7月22日 一面

 美人財務省官僚  1億円ぼろ儲け!?

 なんともオモロイ見出し。
 思わず、夕刊フジを買ってしまった私。
 日経新聞ばかりを買って読んでいるあなた。
 それでは、ダメです。
 逆説、違った視点で見るこの手の新聞も必要。

 同じ内容でも、あ~こんな考えもあるのね。
 と、思えるのです。

 さて、この一面の内容。
 結局は、上場する前に株式を購入したこの官僚である女性が、
 儲けちゃったから叩かれている。
 企業が倒産や、再生機構に入る。
 確かに、一般人よりも情報が先に入る。

 しかしながら、
 再生機構やベンチャーファンドがその会社の手助けをしたからと言って
 必ず上手くいくとは限らない。
 むしろ、失敗することの方が多い。
 そのリスクを考えないで、
 このように煽る記事を見ると私は腹が立つ。

 「公務員が株で儲けて良いのか?」

 このような問題になる。
 数年前にマクドナルドが上場した際に、竹中さんも叩かれた。
 上場前の株式を持っていて、上場したから儲けた。
 何が悪い?

 上場前に株式を購入できる人。
 それは、オーナーと関わりを持っている人。
 役員、社員、取引先、そして、世話になった人まで。
 とにかくオーナーと関係を持っていれば、
 誰でも上場前の株式を手にする機会はある。

 しかし、それが必ず上場するとは限らない。

 ある社員が、私にこう言った。
 なんで社長の給与が私より高いのかが、わからない。

 このようなことを平気で言う人が、まさにこの新聞の記事を書く。
 やったもん勝ちなのである。
 先にやったものの勝ち。
 お金の大元を掴んでいるものの勝ち。
 オーナーと関係を持っているものの勝ち。

 ぶっちゃけ、これです。
 もちろん、法的に取締役、代表取締役が責任を持つということもある。
 しかしながら、環境の違いが一番に大きいんです。
 それが嫌だったら、一緒にいるのをやめればよいんです。

 自分も、こういうチャンスに恵まれたいのであれば、
 自分でがんばって人脈を作れば良い。
 汚い言葉で言えば、ハイエナのようにたかっても良いんです。
 私の証券の先輩で、実際にいました。

 友人の会社が上場をして、
 その株を持っていたために一軒屋が買えちゃったんです。

 でも、その先輩は先輩なりに努力をしていたんです。
 会社の数字的なアドバイス。
 取引先を紹介。
 上場する際の手伝い。 
 その他色々やっていたんです。

 その恩返しに、オーナーは株を渡してくれたんです。
 
 成功した後でなら、誰でもずるいだのなんだのと言える。
 しかしながら、苦労をしている一番ツライ時には見向きもしない。
 でも、その一番ツライ時に一緒になって悩んで、助けて、苦労を共にするから
 その後のハッピーがくるんです。

 困った人を助ける。
 計算ずくではなく、自然に出来たとき、
 そのちょっとした配慮が、大きな幸せになって返ってくる。


 (追伸:実際に汚い手で株式を手に入れる人もいることはいます。あしからず)
[PR]

by lovelygken | 2005-07-21 18:01 | 社長的新聞
二代目の会

 皆さん、お疲れ様です!!
 すっかり、二日酔いのわたくし。
 未だ、頭がガンガンでイヤになっちゃぅ。

 さて、「社長的日々」ですわ。

 昨晩、二代目の会なんぞに行きました。
 まぁ、こんな私も実は、二代目なんですわ。
 この会は、4年前ぐらいからスタート。
 当時、証券の客だった人から入らないかと誘われたのがきっかけ。
 正直、その時は自分のためにあまりならないなぁと思ったので
 それからずっと欠席。

 今回、参加して良かった。

 私自身、人に教える、伝える、話すことが好きなので
 先生っぽいことをするのが好き。
 それも、良かったのだが、
 なによりも一人の社長が良かったのだ。

 2年前に父が他界。
 その日から、営業マンからいっきに社長へ。
 反発をする人。
 媚を売る人。
 真剣に一緒になって考えてくれる人。

 色んな人が沢山。

 そんな中で、彼は変わった。
 自分の信念が確立されていた。
 そして、それで会社を動かしている。
 ある意味、お手本となるような人。
 すっごく興味があった。

 数年前は、そんなに気が合わなかった二人。
 状況が変わった今、自然と二人は気が合った。
 何よりも、彼が健康好きになったのが良かったのかも。
 ある意味、自我自賛系(笑)

 また、飲もうよと言って解散したのが
 3時過ぎ。
 本日、二人ともばっちりと会社に出社。
 そして同じメールを二人とも送った。

 「まさか、まだ寝ているんじゃないだろうな?」

 いい刺激になりそうな、ヤツだ。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-20 15:57 | 社長的日々
グルメ クルージング

 お疲れ様。
 いやいや、ホンマ疲れたからちょっと現実逃避。

 さて、番外編豪州のグルメです。

 取引先のオーナーが、ボートを持っているということでクルージングに誘われました。
 このオーナー。
 かっこいいんですわ。
 前回の、ヒューグラント似の父上なんです。
 61歳なんだけど、まだまだ現役。

 3回離婚をして、現在は28歳の韓国人を彼女に持つ彼。
 愛車はフェラーリ、F430spider。
 ボートは4隻保有。
 本宅は不明だが、オーストラリア内にすくなくとも3軒の家がある。
 その内の一つが、ゴールドコーストの高級別荘地にある。

 そんな所に、お呼ばれをされたのだ。

 彼の愛車を撮るのを忘れたが、迎えに来てくれたのはこれ。

リモー。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-15 17:59 | 社長的グルメ:番外編豪州
起業の動機

 「社長的考え」どす。

 会社を興したいんだけど、どうすれば良い?
 朝、起きたら携帯にメールが入っていた。
 友人からで、質問であった。

 私は質問で返した。

 会社そのものを今、設立したいの?
 これからその会社をやりたいと思っているの? 


 前者であれば、オレなんかに聞かないで本でも買えとでも言おうと思った。
 まぁ一度ぐらいは、自分で会社を登記するの良いでしょう。
 もしくは、完全に司法書士さんに任せればよい。
 20万円もあれば、任せっぱなしで会社が設立される。

 彼の答えは、後者であった。
 そこで、ちょっとしたメールのやりとりと、電話で話しをした。

それは、こんな内容。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-15 10:23 | 社長的考え
sky

気持ち良さそうだった。
青い空に、その蒼さが反射する海。
オーストラリアの風が、気持ちよくさせてくれる。

photo
[PR]

by lovelygken | 2005-07-13 14:23 | 社長的風景
出てすぐ


取引先の会社から出てすぐ。
それが綺麗だなぁって思う私は、
ひどく東京に汚染されている。

photo
[PR]

by lovelygken | 2005-07-13 14:21 | 社長的風景
経営者的考え

 皆さん、おはようございます。
 なんだか、東京は涼しくて気持ち悪いですな。(笑)

 さて、「社長的考え」です。

 昨晩、東大生より一通のメールが届いていました。
 彼?は私のブログの「独立」を読んだそうな。
 そこで、質問を頂きました。 
 ご質問、ありがとうございます。

彼?からの質問。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-13 09:25 | 社長的考え
変化2

 皆さん、おはようございます!
 いやぁ、こんな日でもすっかり汗だくなわたすぃ!
 暑いものは、暑い。
 
 さて、ひっさしぶりの「社長的考え」です。
 みてみたら、なんと1ヶ月ぶり!!
 このブログのメインなので、以後気をつけますぅ。(笑)

 さて、今回は変化その2ですな。
 以前にも「変化」について、このブログで書いております。
 今回は、それに付け加える、いや、会社についての変化。
 この会社に来てからの私の、経験も踏まえてです。
 特に会社を経営している人は、必読ですわ。

お読みなる方は、どうぞこちらから。
[PR]

by lovelygken | 2005-07-12 09:42 | 社長的考え