人生、熱く生きたもん勝ち。悩んだらやれ。思い立ったらやれ。すぐに実行せよ。情熱的な人生。喜怒哀楽がある人生。それってなんかよくない? トップ写真は私が撮影したもの。
by lovelygken
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
kCKp9N0xいいです..
from kCKp9N0x大乱交スマッ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Agra Fort
 
 別名Red Fortの名前がある、アーグラー城へ。


 そのあだ名の通り、壁が赤いアーグラー城。
 タージ・マハール同様、ヤムナー河沿いにそびえたつ。
 1565年にアクバル帝によって建築。
 タージ・マハールより歴史があるこの建物に数々の歴史がある。
 その中でも悲劇的なのはあのタージ・マハールを建てた、
 皇帝シャー・ジャハーン。

 タージを完成させた、ジャハーンの国力は傾いていた。
 それだけ妃に対する愛があり、国力を注いでいた。
 しかしながら、
 周りを見ずオノレの愛だけを見ていた
 ジャハーンに悲劇は起きた。
 実の息子によって皇帝の座から引きおろされ、
 このアーグラー城に幽閉されてしまう。

 ジャハーンはタージの反対岸に黒大理石で自分の墓を建て、
 妃と自分を結ぶ橋を建てようとしていた。
 妃とともに、楽園に行けると考えていた彼の夢も消えた。
 そんな「黒いタージ」と愛するムムターズを毎日、
 このアーグラー城で想いながら、7年後に息絶えた。
 彼が毎日遠くから亡き妃を眺めていた囚われの塔は、
 ムサンマン・ブルジュという。

 彼はいったいこの狭い部屋で、何を感じていたのだろう。
 幽閉されながらも、想い続けたムムターズ。
 それだけの愛を現代の人は、出来るのだろうか?
 あれだけ雄大で、はっきりとしていたタージ。
 ジャハーンが囚われていたこの部屋から見るタージは、
 どこか悲しげにも見えた。

 先にタージを見てから、
 このアーグラー城に来るとどこか切ない気持ちになる。
[PR]

by lovelygken | 2004-10-16 00:00 | 社長的グルメ:番外編インド
<< 株 TAJ HOTEL >>